« 魏志天問 11 紹熙本 | トップページ | 資料紹介 唐會要 其の2 短評と記事紹介 »

2014年1月29日 (水)

資料紹介 唐會要 其の1 概論

 まずなにより、唐會要は、史書として書かれたものではないので、史実に関する厳密さに欠けることは心得ておくべきでしょう。
 中国の分類によれば、政書と呼ばれる資料群に属するものであり、政書は、その編纂形態により、各王朝ごとに分割記述された「斷代會要體」と通史として記述する「通代會要體」とに大別されます。
 言うまでもなく、「唐會要」は、唐王朝について記述された「斷代會要體」です。一方、「通典」、「通志」は、政書の中で、「通代會要體」に分類されます。
 つまり、唐會要は、通典、通志と同様の性質を持った資料です。
 
 唐會要は、今日伝えられている形としては、清朝時に編纂された四庫全書収録のものが規範となると思われます。
 
 続いて、其の倭国、日本國記事ですが、旧唐書と比較して、人名の書き誤りを含めて、誤伝の多いものになっています。
 元々の資料に誤りが多かったのか、継承転記の際の誤りかはわかりませんが、記事の信頼性は大きく損なわれていると考えます。
 従って、全書100巻に及ぶ其の全貌が、宋時代の編纂時から、四庫全書収録まで、遺漏無く伝えられたものではないと思われます。
 
 ここで、維基百科に基づき編者王溥の履歴を確認します。
 王溥(922-982年)、字齊物、諡文獻は、五代後漢乾祐元年(948)科挙状元(進士第一位)となり秘書郎に任官し、五代後周太祖、世宗、恭帝の三代の宰相を勤め、北宋太祖が幼帝恭帝から禅譲を受けて宋朝を創立するのを支持したため、太祖の下で宰相を勤めた。
 ただし、太祖は、皇帝として親政し、宰相の実権を奪ったので、王溥は、自宅に所蔵した万巻の蔵書を元に、専ら史書の編纂に当たったと云うことである。
 乾德二年(964年)宰相を辞し、太平興国七年(982年)死亡。
 
 以上の経歴から見て、秘書郎として任官した上に、長く宰相の職責にあったので、唐代以来の実録、起居注などの公式資料の写本を入手して、自宅に所蔵することも可能であり、著作に大いに活用したものと思われます。
 又、それら資料は、王溥の死後は、王溥の著作と共に継承され、それら資料が旧唐書などの史書編纂に利用されたものと思われます。
 
 以上、唐會要の記述が、旧唐書に幅広く利用されていると共に、王溥が典拠として参照した資料を旧唐書編者が参照利用したと思われます。このため、類似した記述が散見されるのでしょう。
 
 なお、「唐會要」は、テキスト全文が維基文庫に収録されていますが、清朝四庫全書収録の「唐會要」の影印版と比較すると、文字の異同だけでなく、「倭國」記事の建中元年、貞元十五年、永貞元年の三項が脱落しているのは、テキストとして利用する際には注意が必要です。
 
 維基文庫は、ボランティアの絶大な努力によって、膨大な原典がテキスト入力されているものです。
 なにぶん、活字印刷物の読み取りと異なって、OCRの助けの得られない手仕事であるので、万全でないことは仕方ないことですが、一方、そのような限界を承知の上で維基文庫のテキストに依存して論考することも、また、ある程度仕方ないことなのでしょう。
 
以下、短評に続く
 
一部修正 (2014/1/29、6/30)

« 魏志天問 11 紹熙本 | トップページ | 資料紹介 唐會要 其の2 短評と記事紹介 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資料紹介 唐會要 其の1 概論:

« 魏志天問 11 紹熙本 | トップページ | 資料紹介 唐會要 其の2 短評と記事紹介 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ