« 動画遊び Animation GIFあれこれ | トップページ | 新・私の本棚 渡邉義浩 魏志倭人伝の謎を解く 2/4 »

2014年6月27日 (金)

新・私の本棚 渡邉義浩 魏志倭人伝の謎を解く 1/4

 中公新書2012年5月         2014/05/27  2019/04/21 
 私の見立て★★☆☆☆

○「はじめに」
 この部分に著者の所信が明記されているので、それなりにフェアなのでしょうか。それにしても、この「わずかな」記述の中でも、著者の「先入見」が露呈し本著が客観的な論考とは言えないものであることがわかります。

 以下、最初が肝心なので、どこがどう不都合なのか、丁寧に解き明かすことにします。

*虚言の山積
 「しかし、約二千字に過ぎない倭人伝の記述は、その全てが事実に基づいているわけではない」
 何気なく「過ぎない」と言い切って、何気なく著者の価値観を押しつけています。これは、正統な論議に自信のない論者の常套手段、いうならば使い古された、見え透いた手口であり、これもまた、ささやかな隠れ家です。

 「その全てが事実に基づいているわけではない」と、筆勢に載せて断言していますが、いかなる著作も、「全てが事実に基づいている」訳はなく、必ず、誤解(勘違い)や誇張(言葉の綾)や創作が含まれているのは、自明です。こうしてみると、著者の断言に特段の意義はなく、一片の壮語なのです。

 続いて、倭人伝の記述には、多くの「偏向(歪んだ記述)」が含まれている、と断言しています。ここで、いかなる著作も、全てが事実に基づいている訳ではない、と言う原則に立ち返ると、それは、大半が「偏向」と言うより「観察の誤差」、と呼ぶべきものです。
 誤差は、いかなる観察にも避けられないものであり、取り除くことはできないということを、読者は、全て、承知の上で読んでいるのです。
 また、正史編者たらんとして史料編纂に取り組んでいる編者が、何らかの編纂方針に従って、言葉遣いなどを工夫するのも「曲筆」などと非難すべきでなく、「修辞」、「修飾」と言うべきです。

 このような、ことさら厳めしい言葉遣いを投げつけることによって、著者の価値観を読者に押しつけるのは、壮語と言うより、業界の旧弊と呼ぶべき悪しき習慣であると考えます。

*誤爆御免
 本論は、書評として不釣り合いなほどに著者の手口の不都合を言い立てていることと思いますが、それは、著者が、今日までに、常套手段の弊害を学びとっていないように読み取れるからです。

 本著の主部の論旨展開は、不都合な壮語を取り除けば、むしろ堅実なものと思うのですが、何分にも、「業界の旧弊」と見られる「偏向」と「曲筆」が、説得力を失わせていることが気がかりです。

*価値観の押しつけ
 「倭人伝」は、「三国志」のほんの一部分に過ぎない、と言うのも、またもや、価値観の押しつけであって、「倭人伝」は、「三国志」の一部分、字数で言うと0.5パーセント程度と、ことさらに壮語していますが、これは、小学生にもわかる算数であって、著者ならではの高度な知見ではないのです。

                                未完

« 動画遊び Animation GIFあれこれ | トップページ | 新・私の本棚 渡邉義浩 魏志倭人伝の謎を解く 2/4 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・私の本棚 渡邉義浩 魏志倭人伝の謎を解く 1/4:

« 動画遊び Animation GIFあれこれ | トップページ | 新・私の本棚 渡邉義浩 魏志倭人伝の謎を解く 2/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ