« 今日の躓き石 「スプリッタ」 | トップページ | 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている »

2014年9月26日 (金)

今日の躓き石 「セットアッパ」 またも

                           2014/09/26
 今回は、送りっ放しのNHK BS1のコメンテーターの話ではない。権威ある校正部門があり、したがって、深く信頼している毎日新聞が、取りこぼしているので、しばらく失意の内に燻っていたのである。

 朝刊スポーツ欄で、「鉄壁のセットアッパ」と書かれている中継ぎ投手が、押出四球を四個与えたという話である。本欄筆者は、敗戦の責任を一人の失敗に被せる書き方は好まないのだが、今回は、そこを論議しているのではない。

 毎度のことなので、嫌気がするが、セットアップは、一個の動詞ではなく、set(動詞)にup(前置詞)が続いている言葉なので、upをupperにするのは、中学生でも間違いとわかるものである。まともな言葉の英語には、そんな言葉は無いのである。
 中学生にわかることがわからないと言うことは、小学生レベルの言葉遣いと思われる

 この手の言葉を全国紙の紙面に見るとは情けない。関係者一同、中学校の英語から出直す方が良いのではないかな。

 記名している担当記者は、無名の新米ではなく、一人前の記者として、ある程度紙面を任されているのだろうから手ひどく言うが、この先の人生を、間違った言葉を使い続けて、過ち多い人生にするか、この機会に悔い改め、清潔な言葉を使う人生にするか、分岐点にきている。まだ、遅くはないので、生き急がずに、丁寧に生きて欲しいものである。

 冗談はさておき、天下の毎日新聞が紙面で使えば、良い子も揃ってまねをするものである。もっと、丁寧に紙面作りをして欲しいものである。

 因みに、今夜のプロ野球中継で、GAORAのアナウンサーと解説者は、「スプリット」(ボール)、ないしは、「スプリットフィンガー」(ボール)と呼んで、意識して言葉使いを正しているのには、すこぶる好感を持つのである。

以上

   

« 今日の躓き石 「スプリッタ」 | トップページ | 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「セットアッパ」 またも:

« 今日の躓き石 「スプリッタ」 | トップページ | 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ