« 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている | トップページ | 今日の躓き石 「オールラウンダ」も »

2014年9月30日 (火)

今日の躓き石 「歴史を変える」

                                                                2014/09/30
 例によって、日々愛読している毎日新聞のスポーツ欄の記事の批評である。
 復習すると、これは、たまたま、この場で目についたと言うだけで、広く言われている言葉間違いだと言うことは知っている。たまたま、きっかけになっただけである。そして、ここで殊更に指摘するのは、毎日新聞は、聞く耳を持っていると考えるからである。

 今回は、記事本体の中で、国立大野球チームの選手の発言の一部が、「」入りで引用されているので、担当記者は、報道の勤めを果たしただけなのだろうが、それで良いのだろうか。

 全国紙の紙面で報道されたと言うことは、全国紙の紙面を飾るための厳格な基準を満たした正しい言い方と誤解され、それが、関係者の誤解に加担し、続く世代に広く誤解を伝え、ついには、誤解を正解にしてしまうことが大いに懸念される。

 先般、慣用表現の誤解が広がり、むしろ定着していることが報道され、心あるものたちの嘆きを掻き立てたが、そのように誤解の広がる一因が、全国紙で誤解が強く指摘されないことも作用しているものと思われる。誤用のその場で指摘しなければならないのである。
 報道は、引用が正確であればそれで良いのでは無いと、つくづく思うのである。

 元に戻ると、「歴史を変える」と言う誤用が深刻なのは、これが、「歴史の捏造」を連想させるからである。変えられるものなら、創作も、偽造もできることになる。
 歴史は、厳然として存在し続けるものであり、現代人が何かしでかしたら書き変えられるものではない。

 人が、歴史をどう見るか、どう見たかというのは、その人、その人次第だが、その人が何か発言するたびに、歴史そのものが変わっているわけではない。人の心の中に描かれた歴史像の問題である。

 それにしても、大学生ともあろうものが、なぜ、「歴史に新たなページを刻む」のような妥当な言い方ができないのだろうか、とその軽率さを嘆くのである。
 そして、記者は、なぜ、軽率な発言の粗雑な言葉遣いを地の文で言い換えてあげなかったのだろうか。担当記者の配慮不足と言いたい。

 京都は、その字義から見ると日本の首都であり、その地にある国立大学は、数ある国立大学の中でも日本一の最高学府である。体育会系学生と言えども、その名に恥じない知性を求められるのである。

以上

« 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている | トップページ | 今日の躓き石 「オールラウンダ」も »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「歴史を変える」:

« 今日の躓き石 「ナックルボーラ」 も 生きている | トップページ | 今日の躓き石 「オールラウンダ」も »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ