« 今日の躓き石 「アイアンが良かった」 | トップページ | 今日の躓き石 「セットアッパ」 NG »

2014年10月24日 (金)

15. 事鬼道 - 「鬼」とは何だったのか 再考

 ずいぶん久しぶりですが、「倭人傳」談義の補足です。

 「事鬼道能惑衆」

 卑彌呼自身の行いとして知られているのは、此の六文字です。

 しかし、陳壽がこの6文字に潜ませた真意はどうだったのでしょうか。倭人(委)の鬼とは何か、と深読みして、陳壽の謎を解いてみました。

 委の鬼、つまり、委鬼は、でしょう。と言うことで、こう読みなおしたものです。

 事魏、道能、惑衆。

 魏に事え、道をなし(能)、衆を率(惑)いた。

 極限まで文字を切り詰めた陳壽の漢文は、句読点の付け方で、大きく読み取れる意味が変わってくるものです。これもまた、素人考えながら、面白い一案と見て頂ければ幸いです。

 卑弥呼は、遣使に先駆けて、公孫氏健在の時点から、いち早く、魏に通じていたと言うことでしょうか。

 遙か遠隔の東夷でありながら、魏の威光に親しんで倭國を治めたことへの賞賛ながら、魏の禅譲を受けた司馬氏の晋朝では、余りに曹魏を称える筆致は避けたのでしょうか。

 一「女子」に男王の「外孫」の意を潜ませたとの解読に因んで、遅ればせながら、一ひねりしたものです。

以上

« 今日の躓き石 「アイアンが良かった」 | トップページ | 今日の躓き石 「セットアッパ」 NG »

倭人伝新考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15. 事鬼道 - 「鬼」とは何だったのか 再考:

« 今日の躓き石 「アイアンが良かった」 | トップページ | 今日の躓き石 「セットアッパ」 NG »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ