« 今日の躓き石 「フィジカル」って何? | トップページ | 「花のワルツ」騒動 8 準拠法と準拠常識 »

2014年10月31日 (金)

タブレットPCだより 7(Voyo Winpad A1 Mini 32GB) シェルカバータイプのケース

                                  2014/10/31

  • ケースの紹介

 ここまで、前面の額縁部分まで合成革のケースで覆っているケースを使ってきましたが、画面の縁に近い部分でのタッチ操作では、ケースに指先が引っかかって、不自由と感じていました。

 そこに、シェルカバータイプのケースが登場したので、買い込んだものです。

 下記サイトの写真で、底面側のシェルにCUBEのロゴが見えますが、これは、透明シェルを透かしてタブレットの底面が見えているもので。シェル自体には、何の表示もありません。Voyo WinPad A1 Miniは、CUBEと形状がピッタリ同じなので、シェルタイプのケースが共用できるのです。

For Voyo A1 Mini PIPO W2 8" WinPad Luxury PU + PC Protective Case 3 Colors+ Screen Protector Film For Choice

  • 中国通販 - AliExpress

 9/30日付でAliExpressの業者に注文していたのが、中国の祝日に重なって、随分ゆっくりした到着になって、ようやく、今日入手したものです。
 まだこのケースは、目新しいので国内で見当たらないようですが、Voyo WinPad A1 Mini (8インチ)は、ある程度の数量が販売されているので、そのうち、何処かの業者さんが仕入れて、販売することになるでしょう。

  • 中国通販納期事情

 納期として1カ月かかっていますが、ほとんどは、業者の発送の手間取りと、中国国内での郵便事情によるもので、本来2週間程度で届くものです。

 もっとも、中国郵便は、1,200円弱の価格に織り込める(Free shipping)ほどの格安料金の郵送なので、配達が遅いのは、辛抱するしか無いのです。

 今回は、業者がFree shippingの範囲を超えて少し料金の高い香港郵便を使ってくれたものです。

 とは言え、13桁のトラッキング番号が出たのは、10月4日と早かったのですが、香港郵便の手に渡ったのが10/25と3週間後となっています。

 以下、香港郵便は手際が良くて、引き受けら1週間で手元に届いていますが、中国郵便の場合は、大抵は、引き受けから10-14日程度かかっていて、時には、呆れるほど渋滞することがあるのです。

  • 国内事情

 当方は、大阪府の住人なのですが、この手の郵送品は、深夜の貨物便で入国してすかさず関東の川崎東郵便局に届き、運が良ければ、と言うか、局の受付が朝の通関処理の締切に間に合えば、当日の通関処理、深夜便で大阪に移送されて、地元局に翌日朝早く届き、昼頃の配達となるので、入国翌日の配達となります。

 今回は、川崎東局への到着が8時過ぎで遅刻になったのか、通関処理が翌日回しとなり、予想より一日遅い到着となりました。 

 以上の経過は、日本郵便で個別番号検索すれば、随時知ることができます。

  • 高速便

 ついでに言えば、DHLやUPSによる国際宅配サービスは、たいていの場合遅くても1週間程度で届きますが、当然料金が高く付くので、当方が普段買い付ける雑貨類のような低額商品ではFree shippingとはならず、別立てでそれなりの運賃がかかります。

 両者の中間程度として、EMSと呼ばれる高速郵便がありますが、実感料金が高く付くのでFree shippingとはならず、国際宅配便ほどではないにしろ、別立てでそれなりの運賃がかかります。

 日本国内でEMSの配達を行うのは、日本郵便ですが、処理が迅速であり、到着は、関西空港、通関処理、地元局への移送、地元局の配達、全てが、随時進められるので、午前中の国内到着で当日夕刻配達という例もあります。

 以上、どの程度急ぐのか。とか、どの程度割り増しになるのか、考え合わせて、発送便を指定することになりますが、当方は、急がない買い物が多いので、中国郵便のsnail mailのお世話になっています。

 通常、カタツムリ郵便(snail mail)は、エアメールでない地上便の形容ですが、ここでは、中日間で2週間かかりかねない中国郵便の航空便をそう呼んでいるのです。

 そうして、一日一回、日本郵便のサイトで進捗を見るのです。 

  • 使用感

 肝心の使用感ですが、当然というか、順調というか、タブレットがシェルにピッタリとはまって前面が全て開放され、タッチ操作の不満が解消して快適です。

 ケース入りの外観も、なかなかの見物です。

 従来のケースだと20ミリ厚でしたが、このケースだと14ミリ程度です。縦横も、わずかに短縮されています。鞄に放り込んで持ち運ぶ上で、快適です。

 従来のケースと異なり、ケースにマグネットが組み込まれていないので、蓋をぱちっと閉める感触がないのは残念ですが、コスト見合いであり、特に問題はないでしょう。 

 Voyo Winpad A1 Miniには、ケース開閉センサーが付いていないようなので、取りあえずは、蓋をしたらスリープ、開けたらウェイクアップというわけにはいかないのです。電源ボタン操作が必要です。これも、残念ですが、コスト見合いであり、辛抱するものなのでしょう。

 

以上

« 今日の躓き石 「フィジカル」って何? | トップページ | 「花のワルツ」騒動 8 準拠法と準拠常識 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の躓き石 「フィジカル」って何? | トップページ | 「花のワルツ」騒動 8 準拠法と準拠常識 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ