« 不毛だが放置できない「著作権」警告 | トップページ | 「花のワルツ」騒動 1 »

2014年10月11日 (土)

今日の躓き石 「五輪遺産」

                                 2014/10/11
 今回も、別に毎日新聞夕刊スポーツ面の囲み記事の趣旨に反対しているわけではない。言葉遣いに異議があるだけである。

 『地方に「五輪遺産」を』と言う見出しの割には、刺激的な内容でなく、もっともと思うのだが、ほかにいい呼び方は無いものか。

 五輪、オリンピックは、近代制度での開催も2世紀目で、総体的に健在であるから、「遺産」といわれたら、「まだ生きてるぞ」と大声で言い返されそうである。

 特定の開催を見ても、1964年の東京オリンピックは、半世紀を経ても、まだ昨日のように人々の心の中に生きている。メダリストたちも、数多く健在である。決して、東京五輪は死んではいないと思うのである。

 次回の東京オリンピックにしても、開催前から、遺産目当て、形見分けの話が出回っていては、興ざめしようというものである。大体が、開催して、後に利益が残るという保証もない。負の遺産と言うことも、大いにあり得る。

 記事でうかがえる趣旨は、多くの人に受け入れられるだろうものだから、ここに上げた不適切な突っ込みを呼ぶ比喩にこだわらず、もっと、心のこもった、心地よい呼び方をして欲しいものである。

以上

« 不毛だが放置できない「著作権」警告 | トップページ | 「花のワルツ」騒動 1 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「五輪遺産」:

« 不毛だが放置できない「著作権」警告 | トップページ | 「花のワルツ」騒動 1 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ