« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

2014年12月16日 (火)

今日の躓き石 「正解」は本当にないのか?

                               2014/12/16
 今回の話題は、毎日新聞朝刊(大阪)の朝刊「クラシナビ」面の囲み記事「新聞で学ぼう」の議論である。

 まず、「『正解』のない問い」とは、無責任な逃げ口上である。確かに、人それぞれものの見方が違うから、簡単に解答の正否を問うことはできないが、解答者の思考の流れを知れば、どのような論理で回答に至ったか知れるはずであり、その際の論理の誤りは、不正解として指摘できるはずである。

 たいていの場合、人の思いは様々と言っても、何万、何十万とあるわけではないのではないか。100通りの見方があれば、100通りの正解があるはずである。先に挙げた言い方で、思索を止めてしまう人は、この際、考え直していただきたいものである。

 さて、記事内で、大きく躓いたのは、中島敦の「山月記」である。もう、随分前に流し読みしただけなので、内容について、具体的に私見を披瀝できる物ではないし、以下に述べる意見は、当該分野に関する常識に基づく批判であり、今回は、「山月記」を再読していない。見当違いだったら、ご容赦いただきたい。

 記事では、「古代中国で難関の試験『科挙』に合格して官吏となりながら、詩人への道に移り、身を崩した男性を描いた」と言い切っているが、小説の要約として、正確なものだろうか。

 細かいことだが、「科挙」は、中国隋王朝時代に始まり、最後の王朝である清王朝時代まで延々と続いたが、少なくとも、中国の古代にはなかったものであり、中国の中世、隋唐時代以降の制度であると考える。

 中国の中世で、詩人は、李白、杜甫で代表されるように、皇帝から親しく詩の形で意見を求められるように、政治の世界に属する官僚制度の外にあって、政治によらず、言葉の力で世を動かすという、官僚を超越した存在であったと見るべきである。
 詩人となって、「身を崩した」というのは、理解に苦しむ

 因みに、漢詩を正しく詩作するためには、膨大な漢字の歴史的な意義を熟知していると共に、漢詩の僅かな字数の各位置で求められる発音、「声」を正確に適用して文字を選ぶ必要があり、その時代に、詩人と呼ばれるには、高度な教養と知性が要求されるものである。
 主人公は、科挙に備えて膨大な量の経書を精読しているから、当然、詩作に必要な知識はあり、詩人となって、国を動かすという志を持っていたのである。個人の情懐を歌い上げたり、花鳥風月を嘆賞するのは、数世紀後の「詞」の世界である。

 多分、結末に於いて、主人公は、壮絶な死を迎えたのであろうが、中島敦は、主人公が、官吏の道を捨てて、身を持ち崩したための当然の報いである、との意図では書いていないはずである。(推測であるから、勝手な勘違いかも知れないと言っておくが、そんなはずはないと信ずる)

 以上の理解からすると、詩人たらんとした主人公が、何を思ってにしろ「愛人」宅に放火するなどと言うのは、まことに不似合いであり、中島敦から罵倒されるものである。すでに著作権は消えているが、原著作者の意に反した飾り付けを施すことは、「不正解」である。

 先ほども書いたように、漢詩は、現代的な「詩」ではない。科挙に遙かに先立つ古代である、後漢時代の優れた詩人である曹操は、まず第一に、官僚であり、政治家であり、さらには、軍人であり、最後は、実質的に皇帝の権力を振るったが、残した漢詩は、曹操の内面から吐露された厳然たる真意(詩人としての思い)を書き留めたものであり、感情におぼれた柔弱なものは無いと思う。

 このように、漢詩は、個人の情緒を綿々と書き綴るものではないのである。「愛人」云々は、何か、水滸伝や金瓶梅の世界とでも、勘違いしているように思える。 

 現代の芸能系のゴシップ報道のように、取材に基づく報道より、図式のけばけばしさを売り物にする態度のように思える。毎日新聞に紹介されるのは、場違いであろう。

 以上のように、実際に「山月記」そのものや「山月記新聞」の実物に当たらずに、紙面から読み取った内容で、自分の知識を武器に突っ込みを入れるのは、年寄りじみているが、書いているのが、年寄りなのだからしかたないのである。
 そう言い訳した上で、当方の見るところでは、「山月記新聞」は、飛んでも新聞であり、報道の本分を外れた「不正解」と見える。 

 新聞で学ぶのであるから、「毎日新聞」の弛まない報道威勢、紙面校正の厳格さを学ぶべきである。

 例えば、担当記者の個人的な「つぶやき」を、そのまま発行紙に載せる新聞はない。発行紙に載せてしまえば、取り返すすべは無いのである。

 それにしても、高校生の報道姿勢が、現実の裏付けの不足した内容に迷走したとき、誰も、的確に指導してあげる人はいなかったのだろうか。

 校長に代表される教職員、つまり、責任を持って指導すべき人は、以上の批判を重く受け止めて欲しい。
 これでは、紹介記事というよりNIEで活用すべき反面教師である。
 言うまでもないが、このような苦言に対して、指導されている立場の高校生の責任はないので、ここは、さらりと「反省」するのが正解である。

 冒頭の苦言に戻るが、ある範囲、ある前提に立てば、厳然と正解があるのであり、不正解は、訂正されるべきである。それを怠るのなら、それは、「教育」ではない。
 (もちろん、これは、不確かな内容に基づく、不確かな私見である)

以上

2014年12月14日 (日)

今日の躓き石 「メンタル課題」-誰の?

                               2014/12/14
 今回の話題は、毎日新聞朝刊(大阪)のスポーツ欄記事の「あら探し」である。

 当カテゴリーにスポーツ欄がよく登場するのは、もともとスポーツ欄担当記者が、報道担当者としての本分を取り違えて書いたと思われる記事が散発しているからである。

 かねがね述べているように、スポーツ欄といえども、全国紙の紙面の一面であり、当然全国紙として記事のチェックがあるはずが、どうも、ゆるゆるになっているようで、長年の愛読者として憤慨しているのである。

 ちなみに、当記事は、日曜日当日の20時近くなって書いているので、結果は出ているのだが、一切見ずに書いている。「負けの無い」結果論ではないのである。

 「きょう実業団女子駅伝」と題した囲み記事が不思議な構成と構文を取っているのである。「不思議」とあえて言うのは、常識に照らして、意図不明だからである。

 「オーダー分析」と題して、駅伝の各チームの走者構成に論評を加えているのは、「下馬評」記事のならいであるから、特に不思議な点はない。と言いたいが、昨年実績を元に、順次論評されている後に、上位格付けされるべき特定のチームの論評が避けられていて、ことさらに特定のチームの監督談話が報道されているのが、まずは、不思議である。

 その見出しが、まず振るっていて、「新人のメンタル課題」。すでに述べているように、「メンタル」というプロスポーツ業界の符牒は、低劣、俗悪、粗雑で、不具合てんこ盛りの代表的な悪文であるが、監督談話の一部では無いので、見出しをつけた担当記者の迷妄とわかる。ただし、今回の問題は、もっと奥深いものがある。

 4行の談話だが、読んですぐに感じられるのは、天下の毎日新聞の記事とも思えない粗雑な記事だな、というものである。

 くだんの監督談話は、チームの状態が良くなっていると言明した後に、(実名を挙げた)「新人の心の部分が心配」とある。失礼だが、それは、新人の課題でなく、監督、コーチ、先輩、同僚の課題と思える。

 これでは、チームは勝てる状態にあり、負けるとしたら新人の「メンタル」トラブルであると、前もって逃げ口上を述べているように見える。

 談話に先立つ署名記事では、「その(若手選手の)出来が勝負の行方を左右しそうだ」、と妥当な言い回しで書いているが、駅伝はどこかで「大崩れ」すると、チーム全体が崩れてしまう競技であるから、おっしゃるとおりであり、それでも、若手選手が果敢に激走して崩れずに完走し、チームに勝利をもたらすのが、駅伝の妙味である。何事も良い方にとらえてあげたいものである。

 今回の事例では、当日朝刊の記事で、自分が敗因となるものと監督に予言された新人は途方に暮れるのではないか。

 気負って無理な飛び出しをするなとか、前の晩十分睡眠をとれとか、具体的な指導事項であれば、まだ、受け止めようがある。

 また、自分への懸念を、全国紙の朝刊で報道されると、発言内容が子供への小言のようで不満であり、チームの問題が自分の「メンタル課題」と言われても、対処のしようがあるまい。

 何しろ、初めての大舞台で、「負けるとしたら、おまえのせい」、と言われては、心穏やかではあるまい。

 素人目にも、「西日本大会」以来の期間をとらえても、監督と新人の間で解決出来ないような、この場で後悔しなければならないような、どんな問題があったのだろうか、と不思議である。

 この記事を読んで思うに、カウンセリングを受けて心の問題を解決すべきは監督ではないのだろうか。

 また、そのように、素人目にも明らかな「心の問題」を抱えた監督があらぬ事を人前で口走ったときは、その発言内容をこのように報道して、監督と新人に、後々まで消せない汚点を残させないのが、メディアの良心では無いか、と思うのである。まさか、担当記者は、必殺仕事人を気取って、監督に筆誅を加えているのだろうか。

 往年の監督やメディアの語り口では、「新人は、最初の大舞台に、気負うことも、気後れすることも無く、のびのびと実力を発揮して欲しい。後は、仲間や先輩が引き受けるから、悔いの無い走りをして欲しい」とでも言うものである。

 駅伝はプロスポーツでは無いのだから、報道するメディアには、心意気を引き立たせるような語り口が望まれるのであり、今回、あえてそう書かなかった担当記者は、なにか、「メンタル」の課題を抱えているのだろうか。このような不出来な記事が報道されるのは、誠に不思議である。

 メデイアが見聞きするのは大量の生データであるが、その中から、自己の見識に従い、報道にふさわしいデータを精選し、精選されたデータを元に、自己の見識に従いペンを振るうのが、メディアの使命では無いかと考えるのである。

 今回は、当記事が関係者に与える癒やしがたい傷みを思うと、「メディアの暴力」に近い記事になってしまっていると思うのである。

以上

2014年12月 8日 (月)

今日の躓き石 「駄馬」談義

                               2014/12/8
 いや、今回は、記事のあら探しではなく、雑談である。

 毎日新聞12/8(月)夕刊(大阪)の「夕刊ワイド面の月一連載の「散歩日和」で、話のついでに、「駄馬」が出てくるので、これをネタに少し書き留めたいのである。

 確かに、筆者の言い方が普通であって、何も文句を言う筋合いはないはずなのだが、ちょっと、こだわりたいのである。
 「駄馬」は、確かに役に立たないダメな馬という意味になってしまったが、これは、おそらく、武士階級の偏見であって、本来は、悪い意味では無かったはずである。

 記事にもあるように、「駄」とは、重い荷物を背負って運んでくれる、大事な相棒であり、農耕馬と並んで、大変大事にされていたはずである。馬偏に太いと書くように、力のある馬である。少なくとも、馬の用途別分類の一つであっただけなのである。

 それが、なぜ。武士階級に嫌われたかというと、人を乗せて走るように育てられていない「普通の馬」は、いきなり、鞍を付けて、人が乗り込んで走らせようとしても、一向に走らないからである。
 大体が、生まれてこの方、鞍のようなものを背負わされたことはなく、その上に、人に乗られて、そいつが鞭打って走らせようとするなどは、「馬の本性にないこと」なので、言うことを聞かないのである。
 鞭打っても言うことは聞かないし、大体、乗馬としての歩き方、走り方を習っていないから、のろのろ歩くだけで、走ることなどできないのである。

 と言うことで、武士階級にとっては、「乗馬]にならない、戦の役に立たない馬が駄馬だったのである。しかし、どんな戦であろうと、兵糧がなければ戦えない。秣と水だけで、山成す兵糧を、黙々と運んで、武士の胃袋を満たしてくれたのは、多数の駄馬の着実な歩みだったのである。

 こうしてみると、由来のわからない比喩の元々の起こりが不合理であったのが、「駄馬」である。できれば、軽くそのあたりに触れて欲しかったし、傍ら、このような不細工な言葉は、早く、死語にして欲しいものである。

以上

今日の躓き石 「豪州サッカー」

                                 2014/12/8
 しばらく更新が途切れていたのは、毎日新聞やNHKが、突っ込み甲斐のある題材を提供してくれなかったということであり、天下太平と言うことである。

 さて、12/8(月)の毎日新聞夕刊(大阪)で、「豪州野球事情 上」として囲み記事があったが、その中で、オーストラリアの「人気スポーツはサッカー、ラグビー、クリケット。」と言い切っているが、ここで首をかしげるのである。

 現地の人気から言うと、ラグビー、クリケット、....となるはずである。サッカーが、真っ先に来るのは、何となくおかしいと、靴底に小石を感じて足が止まったのである。

 そして、記事の紹介では、大事な人気スポーツが抜けているのである。現地人が、人気スポーツを列挙するときに、国技「オーストラリアンフットボール」を抜かすはずが無いのである。
 ひょっとして、現地人が、football,rugby,cricketと列挙したのを、誤解したのではなかろうか。各スポーツの愛好家に言わせたら順番は、変わってくるだろうが、三大スポーツの座は揺るいでいないはずである。

 因みに、サッカーは、すでに、ラグビー、フットボールの二種が盛んだった割を食ってか、なかなか普及が進まず、マイナーな地位に甘んじていた。と言うわけで、人気のない点で野球と大差なかったのだが、近年は、多少盛り上がってきたようである。

 そうした事情を知っていたら、違う書きようがあったと思うので、今回は、担当記者が先を急いで、勘違いしたと感じるのである。

 ついでながら、「ヨーロッパからの移民が多く」とぼやかしているが、この国は、元々、イングランドからの流刑地であったことから、ロンドン風の訛りのある英語が普及していたし、長年にわたり大英帝国の一部でもあったので、英語圏以外からの移民は少なかったように聞いている。サッカーよりは、ラグビー、クリケットというと、移民の出身文化圏を感じさせる

 オーストラリアは、長年、英連邦意識が高く、アジアから少し身を引いた「大洋州」であるとしていたが、近年は、アジアの一員としての意識が高まっているので、東アジアの人気スポーツである野球(と言っても、人気が高いのは、ほぼ日本、韓国、台湾なのだが)に親しもうとしているのかも知れない。 

 それにしても、オーストラリア人のスポーツ好きは大したもので、日本の1/4程度、台湾と大差ない、どちらかと言えば、少ない人口(2400万人程度だったか)で、世界水準のスポーツ大国である点は、一つの国の生きていく姿として尊敬に値すると思う。

 想像するに、各地域に、子供から大人までの階層で多数のアマチュアチーム(草野球のようなもの)ができていて、毎日のように、地域内だけでなく、地域間の交流試合も催されているのだろう。人気スポーツが長年続いている背景には、それなりの基盤があるものである。

 そうしてみると、この国に第4の人気スポーツが定着するかどうか、興味のあるところである。

以上 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ