« 今日の躓き石 「豪州サッカー」 | トップページ | 今日の躓き石 「メンタル課題」-誰の? »

2014年12月 8日 (月)

今日の躓き石 「駄馬」談義

                               2014/12/8
 いや、今回は、記事のあら探しではなく、雑談である。

 毎日新聞12/8(月)夕刊(大阪)の「夕刊ワイド面の月一連載の「散歩日和」で、話のついでに、「駄馬」が出てくるので、これをネタに少し書き留めたいのである。

 確かに、筆者の言い方が普通であって、何も文句を言う筋合いはないはずなのだが、ちょっと、こだわりたいのである。
 「駄馬」は、確かに役に立たないダメな馬という意味になってしまったが、これは、おそらく、武士階級の偏見であって、本来は、悪い意味では無かったはずである。

 記事にもあるように、「駄」とは、重い荷物を背負って運んでくれる、大事な相棒であり、農耕馬と並んで、大変大事にされていたはずである。馬偏に太いと書くように、力のある馬である。少なくとも、馬の用途別分類の一つであっただけなのである。

 それが、なぜ。武士階級に嫌われたかというと、人を乗せて走るように育てられていない「普通の馬」は、いきなり、鞍を付けて、人が乗り込んで走らせようとしても、一向に走らないからである。
 大体が、生まれてこの方、鞍のようなものを背負わされたことはなく、その上に、人に乗られて、そいつが鞭打って走らせようとするなどは、「馬の本性にないこと」なので、言うことを聞かないのである。
 鞭打っても言うことは聞かないし、大体、乗馬としての歩き方、走り方を習っていないから、のろのろ歩くだけで、走ることなどできないのである。

 と言うことで、武士階級にとっては、「乗馬]にならない、戦の役に立たない馬が駄馬だったのである。しかし、どんな戦であろうと、兵糧がなければ戦えない。秣と水だけで、山成す兵糧を、黙々と運んで、武士の胃袋を満たしてくれたのは、多数の駄馬の着実な歩みだったのである。

 こうしてみると、由来のわからない比喩の元々の起こりが不合理であったのが、「駄馬」である。できれば、軽くそのあたりに触れて欲しかったし、傍ら、このような不細工な言葉は、早く、死語にして欲しいものである。

以上

« 今日の躓き石 「豪州サッカー」 | トップページ | 今日の躓き石 「メンタル課題」-誰の? »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「駄馬」談義:

« 今日の躓き石 「豪州サッカー」 | トップページ | 今日の躓き石 「メンタル課題」-誰の? »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ