« 35. 一大国再考 倭人伝に「壹」はなかった? | トップページ | 今日の躓き石 「ボーラー」とは?? »

2015年6月23日 (火)

今日の躓き石 サッカー独特の用語としての「フィジカル」

                                      2015/06/23
 今日の題材は、毎日新聞朝刊大阪13版スポーツ面のバンクーバーレポートである。

 主力ベテラン選手のオランダチーム評として、「身体能力が高く、フィジカルが強い」との発言が引用されている。つまり、随分長く悩まされている「フィジカル」の表現の揺らぎは、記者のペンの揺らぎであって、監督や選手の心は一貫しているようである。 

 身体能力とフィジカルは別のものであり、フィジカルは「強い」と言われるのであれば、フィジカルは、おそらく当たり(の強さ)と言うことだろう。
 競ってボールを追いかけているときに、肩や腰の強い当たりで相手を横にはじき飛ばすのは、サッカーで言うチャージングであり、ルールで認められているものである。もちろん、相手の体の前に割り込んで、相手を排除するのも、ルールの範囲である。これは、スポーツと言っても、陸上競技、体操、野球、卓球などでは無いものである。

 してみると、意味のとり違えの出やすい(常態化している)「フィジカル」でなく、「コンタクト」(プレー)と言えば、カタカナ語として程度の良いものになるように思う。
 何しろ、サッカーに、「メンタル」チャージとか、「メンタル」コンタクトはないのだから、殊更、フィジカルと言う必要はないのである。

 それ以外の「フィジカル」なプレーとなると、腕を広げて相手を押しやったり、相手の上体を抱え込んだり、ファウルめいた動きになるが、こうした動きは、下手をすると、肘打ちとかびんたになるので、けんか紛いの「暴力行為」もどきになる。

 よく、スポーツでフィジカル、メンタルと、言葉端折りして言い立てるのは、本当は、後に、ストレングス(強さ)、コンディション(状態)、プロブレム(問題)、イルネス(病気)のように具体的な言葉が続いていて、二語熟語のアタマだけで、二大要因として対比して言い立てるためではないだろうか。大事なのは、端折られている うしろの言葉である

 ついでに言うと、当人の発言をそのまま書き取ったのだろうが、「ロングボールを蹴れて、縦に強い印象」というのは、いかにも、臨場感のある業界言葉だが、実際は、「素早く、長いパスを、縦に出してくるという印象」とシンプルに言えば、字数が少なくて、一般人にもわかりやすいと思う。
 それにしても、記者は、プレーヤーの言っている言葉の意味を解しているのであれば、読者の言葉で書いて欲しいのである。

 因みに、別のプレーヤーの「同じアジアの....オーストラリア」というのは、言葉足らずで誤解を招くのである。地理学的には、オーストラリアは、アジアの一部ではない。あくまで、FIFA地域わけで、アジア代表となっているだけである。以前、毎日新聞の社会面記事で、サッカーのイングランドプレミアリーグを「英国」プレミアリーグと書いているのを見て、ずっこけたのを思い出す。スポーツの地域わけと地理区分は、いつも一致しているとは限らない。(子供が勘違いするのである)

 ついでに言うと、記者コメントの「ライバル心」と言う発言も、珍しい用語である。普通、ライバル意識、カタカナ語を避け「対抗意識」と言えば、わかりやすいのではないか。まあ、ここまで口に出している以上、「のぞかせる」ではなく、「自分自身に対してかき立てている」とでも言うのだろう。記者も気がせいているのだろう。

 それはさておき、総じて、今回の意見は、ディフェンスからの発言が目立っていて、記者は「失点しないことが大事」と締めているが、感心しない。
 なでしこジャパンの(周知の)弱点は、点を取れていないと言うことであり、そこから来る危機感がディフェンス陣の気持ちを、必要以上に硬くしているのではないだろうか。
 それにしても、フォワードが、この記事をどんな気持ちで読むかチームの攻守のバランスが崩れないか、気がかりである。 

 チームとして大事なのは、早い時間帯に先制点を挙げて、ディフェンスを楽な気持ちにすることのように思う。

 ここまでの決勝トーナメントの推移でも、ゴールキーパーやディフェンダーが、相手プレーヤーのペナルティエリア突入にパニックになって、無理なチャージで相手を倒し、PKを与えているのを見かけた。
 一点与えたら負けるという切迫感は、決して、チームにプラスにならないように思う。

 今回は、躓いたわけではなく、立ち止まったのである。

以上

« 35. 一大国再考 倭人伝に「壹」はなかった? | トップページ | 今日の躓き石 「ボーラー」とは?? »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 サッカー独特の用語としての「フィジカル」:

« 35. 一大国再考 倭人伝に「壹」はなかった? | トップページ | 今日の躓き石 「ボーラー」とは?? »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ