« 34. 翰苑再考 追記版 2016/08/15 | トップページ | 今日の躓き石 ボレーの神業 »

2015年6月12日 (金)

今日の躓き石 「フィジカル、スピード」 そうだったのか

                                    2015/06/12
 今回は、不満ではなく、毎日新聞のスポーツ欄の書きぶりを褒めたいのである。指摘した躓き石が消えたという報告である。

4月17日付毎日新聞大阪版スポーツ面で、Jリーグ戦の記事に、視察しいてた日本代表ハリルホッジ監督が、先日、「Jリーグはフィジカル、スピードが足りない」と語ったと引用されているが、まことに不可解である、と書いた。

 いろいろ考えても、監督が、「フィジカル、スピードが足りない」」と言ったとする報道が、当人の意図が通らないものであり、報道になっていないという苦言であった。

 今回6月12日付毎日新聞大阪版スポーツ面で目にしたイラクとの国際親善試合の報道は、当該ブログで毎日新聞に求めたスポーツ報道像である「掘り下げた」報道、かつ、一般人に「伝わる」報道である。

 ゲーム経過に即して語られた「1対1で負けない」守備という「フィジカル」コンタクトの強さと「少ないタッチ数で前線に縦パスを送る」攻撃という展開「スピード」の速さという二つの要素が十分意識された記事であった。

 さすがに、報道のプロの見事な著作である。脱帽である。

 前者について言うと、サッカーでフィジカルと言えば、何より、フィジカル コンタクトの意味であることを、もっと強調して欲しかったのである。サッカーは陸上競技ではないので、フィジカルとは、体力数値のことではないのである。
 そのように、言葉の意味がしっかり統一されて理解されていて、時折、一般人向けに説明がされれば、民間「言葉の守り人」としても、専門用語としての意義を否定するものではない。

 後者について言えば、サッカーでスピードと言えば、何より、ゲーム展開が攻勢に転じたときに、直線的と言えるほど、まっしぐらに敵ゴールに進む、チームとして統一された意志ある展開スピードを言うのであることを、もっと強調して欲しかったのである。サッカーは陸上競技ではないので、スピードとは、走る速さのことではないのである。
 そのように、言葉の意味がしっかり統一されて理解されていて、時折、一般人向けに説明がされれば、民間「言葉の守り人」としても、専門用語としての意義を否定するものではない。

 たまたま、本日夕刊3版スポーツ欄に、「敵FWのスピード警戒」と特に書かれているのも、短距離走のタイムを言っているのではなく、やはり、攻勢に転じ たときに自陣ゴール前に進出して来る展開の速さを言うのだろう。
 予想より早く進入してきた敵FWにディフェンスが対応できないうちに、早い縦パスを通されたら失点の可能性がぐんと高まる、それが脅威である と補足して理解するものなのだろう。

 どちらのカタカナ言葉も、あちこちに登場する元選手や評論家がそれぞれ勝手に解釈して、詳しい説明なしに使いまくるものだから、当人達の発言の趣旨は的確に伝わらず、側聞した民間「言葉の守り人」が、安易な(間違った)言葉遣いとして、否定的な発言を声高に述べる「言葉咎め」のブログ記事が続くのである。

 こうしてみると、報道の価値は速報にあるといいながら、趣旨の伝わらない報道は、「報道」として価値ののないものであることがよくわかるのである。

 お断り
 最後に、念のため付け加えると、当記事で言いたかったのは、当方が前回のブログで、『毎日新聞に求めたスポーツ報道像である「掘り下げた」報道、かつ、一般人に「伝わる」報道』を求めた記事のフォロー記事である。
 だめ押しのだめ押しであるが、当方は、サッカーを始め、各社スポーツに関して、全て、ど下手のど素人である。これは、技術論を言い立てる記事では無い。

以上

« 34. 翰苑再考 追記版 2016/08/15 | トップページ | 今日の躓き石 ボレーの神業 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「フィジカル、スピード」 そうだったのか:

« 34. 翰苑再考 追記版 2016/08/15 | トップページ | 今日の躓き石 ボレーの神業 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ