« 今日の躓き石 弱い「メ*タル」 | トップページ | 今日の躓き石 「アイドリングストップ機能」の謎 »

2015年8月20日 (木)

今日の躓き石 「白頭奇譚」 スポーツ報道の使命

                        2015/08/20
 今回は、毎度おなじみの毎日新聞大阪13版スポーツ面の報道への苦言である。 

 「頭が白くなった」と言う「けったいな」表現が、堂々とまかり通るようになってきた。
 引用符で囲まれていると言うことは、担当記者は、選手自身の言葉を正確に報道していると言うつもりなのだろうが、それは違うのではないか。

 この言葉遣いの現れたのは、しばらく前だったように思うが、丁寧に「頭の中が真っ白になった(ような気がして、何も考えられなくなった)」といった感じの発言だったように思う。

 それが、どんどん端折られてきて、「頭の中が真っ白になった」と笑い飛ばす記事が現れ、これは何だと不審を感じたものである。

 今や、事態は悪化(劣化)して、「頭が白くなった」と笑い飛ばしている

 これは、歴史的な言葉遣いでは、髪の毛が白くなる、と言う意味であり、誰の目にも見えるのであるが、今や、そうした歴史的な言葉遣いが、踏みにじられているのである。 

 子供が悪い言葉遣いをまねする、と言う危険だけでなく、メディアがどんどん言葉遣いを悪くしていて悪い言葉遣いを堂々と誇らしく報道・拡散している。毎日新聞に出ていたからという後押しを得て、子供がまねするのである。

 選手達は、突然連打を浴びてノックアウトされるという事例に出会ったとき、「頭が白くなった」と言えば、事態が類型化されるので、それ以上質問されることがなくなり、前例に倣った言い方をしたことで、多少とは言え気分が休まるようになっているのだろう。

 今回の記事で言えば、「頭の中が真っ白になった」と書かなくても、選手が事態に直面して受けた動揺は報道できている貴重な紙面を消費して、意味のない、意義に疑問のある常套句を普及させる必要はないのではないか。

 繰り返して言うが、野球界に広く普及しているらしい「頭が白くなった」と言う表現は、自然に生まれたものではなく、スポーツメディアが生み出し、作りかえ、まき散らしている悪い言葉の一例であって、メディア自身が全体として気づいて正さない限り、歴史遺産に刻み込んだ落書きのように刻み込まれているのである。

 毎度の苦言であるが、毎日新聞は、スポーツ面とは言え、選手達とそれを取り巻く軽率なメディアに流されて、たちの悪い言葉遣いの普及を進めるのではなく、毎日新聞の見識をしっかり身につけて、歴史的な言葉遣いを護り、次世代に伝えるという立場を堅持して欲しいのである。

以上

« 今日の躓き石 弱い「メ*タル」 | トップページ | 今日の躓き石 「アイドリングストップ機能」の謎 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「白頭奇譚」 スポーツ報道の使命:

« 今日の躓き石 弱い「メ*タル」 | トップページ | 今日の躓き石 「アイドリングストップ機能」の謎 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ