« 私の本棚 48 「奴国の時代」 1 季刊邪馬台国127号 その2 | トップページ | 今日の躓き石 週刊将棋休刊前の痛恨!!「リベンジ」 »

2016年3月28日 (月)

「古田史学」追想 遮りがたい水脈 6 「陳寿の不運」 ~国志異聞

                            2016/03/28
 古田武彦氏の所説で、比較的初期から共感していたものに、三國志編纂者である「陳壽」に対する「真っ直ぐな」評価がある。
 そのために、古田氏の提唱した「邪馬壹国」論に反対する人たちから、陳壽バッシングとも言いたいような難癖が押し寄せて、陳壽にしてみたら、不満な事態かも知れない。
 膨大な三國志全体の評価より、その一部である「魏志倭人伝」に対する不満が、少なくとも日本で喋々されているのは、史家として不本意だ思うのである。

 と言っても、古田氏の「陳寿理解」は、必ずしも万全で無いことは言うまでもない。
 たとえば、次の部分に、安易な定説追従が見られるのである。

 ミネルヴァ日本評伝 通巻第百巻

 「俾彌呼」 第一部 倭人伝に書かれた古代
   第七章 三国志序文の発見

 ここで、191ページに「魏朝の『正史』」と書き、二行おいて、「魏・西晋朝の正史、『三国志』」と、何気なく書いているが、これは、首尾一貫していないという以前に、大きなところで「筋が通らない」のである。
 魏朝の「正史」であれば、それは、「漢書」に続く「魏書」と呼ぶべきであって、「三国志」と呼ぶべきでないのが明らかである。
 三国志を見る限り、漢を継承したと認められているのは、「魏」であり、他の二国は、あくまで、「帝位」を僭称した偽物達である。
 つまり、魏・西晋朝には、三国鼎立史観は無かったはずである。

 と言うものの、現実に、「正史」として継承されてきたのは、「三国志」である。

 最近発見したのが、中国で発表された下記論文である。(論文と呼ぶにふさわしい堂々たる体裁を備えている)末尾に2013年第3期の「文史」(中華書局発行 史学誌)に掲載と表記されている。

 陈寿 《 三国志 》 本名 《 国志 》 说

 www.zggds.pku.edu.cn/004/001/223.pdf

 当ブログ筆者の中国語読解力は、中国で言えば小学生以下(以下は、小学生を含むと思いたい)であって、読みの正確さのほどは大変妖しいのだが、さすがに、タイトルについてはよく理解できるし、史書の影印版を多く引用した体裁から、次のような論旨は、読み取れるように思うのである。

魏朝「正史」は、本来「國志」と題されていた。陳寿は、妥当と思われる理由があって、そのように題した。

*「国志」は、先行「正史」の「史記」、「漢書」と同様に二文字である点が見られる。

*少なくとも、唐代までの各種資料に「国志」とだけ書かれている例が見られる。

*時代的に唐時代に先行していても、(後世)写本を見ると「三国志」と書かれていることがあるが、「国志」の前(上)に「三」を書き足した形跡が見てとれる(ようである)。

唐代以降、とくに、「笵曄後漢書」が、史記、漢書に続く正史として認知され揃って三史と列挙されるようになり、また、蜀漢正統論が出回ってからは、魏朝正史で無く三国時代正史として位置づけられることが当たり前になり、「三国志」と題されることか多くなって今日に至ったものと思われる。

 あやふやな紹介では間に合わないので、中国語からの翻訳がどこかに発表されることを期待して紹介する。

 当ブログ筆者としては、かねてから、古田氏を初めとする定説信奉者の説明に納得していなかったのだが、今回、かなり強引としても、ある程度説得力の感じられる「一説」を聞くことができ燻っていた不満が解消した感じである。

 もちろん、提唱されたのは、あくまで(根拠薄弱な)仮説であり、傾聴の価値はあるものの、これで何かが確認されたというわけではないと思うのである。

以上

« 私の本棚 48 「奴国の時代」 1 季刊邪馬台国127号 その2 | トップページ | 今日の躓き石 週刊将棋休刊前の痛恨!!「リベンジ」 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「古田史学」追想 遮りがたい水脈 6 「陳寿の不運」 ~国志異聞:

« 私の本棚 48 「奴国の時代」 1 季刊邪馬台国127号 その2 | トップページ | 今日の躓き石 週刊将棋休刊前の痛恨!!「リベンジ」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ