« 今日の躓き石 歴史を変えないで!!!! | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 塚田 敬章「古代史レポート」~史料としての「日本書紀」 »

2016年3月30日 (水)

今日の躓き石 危険なプレーの指摘に感嘆

                            2016/03/30
 選抜高校野球の準決勝を、脇のテレビで流しているのだが、セーフティバントした打者走者のヘッドスライディングに対して、解説者から、穏やかな口調で、言葉遣いも柔らかいが、危険なプレーの指摘があったのは、当然とは言え、感心した。指導者は、こうした指導を取り入れて、「悪しき」伝統をなくして欲しいものである。
 この大会も、無用と思われる一塁へのヘッドスライディングが多いのだが、さすがに「勇気ある」とか「闘志溢れる」とか賛美することは少なくなってきたが、それでも、ここまではっきりたしなめる発言は初めてである。
 まあ、選手当人は、審判を欺こうとしているわけではなくて、懸命にプレーしていると見て、できるだけ傷つけまいということなのだろう。

 しかし、ここで問題になったプレーは、さすがに無謀であった。
 バントがピッチャーの横を抜けてファースが飛び出して取りに行ったのだが、ピッチャーのベースカバーが、素人目にも間に合わない状況で、ダイビングしたのである。
 ピッチャーが、必至の全力疾走で駆け込んでいるから、ベースタッチだけで済まず、打者走者の手をひどく踏みつける可能性がある。これを避けようとして、ピッチャーが転倒する可能性もある。選手生命を危うくすると言ってもいいほどの危険なプレーであり、解説者は、「絶対」とは言わなかったが、野球界の先輩の気持ちとしては、指導者の責任で、こうしたプレーに対して厳重注意するべきだというものだと思う。

 放送でそこまで言わないにしても、良識の言葉として、高校球界全体にちゃんと伝えるべきものと思うのである。

 当ブログ筆者の持論としては、少なくとも、高校野球およびU18国際ルールで、一塁へのスライディングは、脚から入るのも含めて、危険なプレーとして排除すべきだと信ずるものである。

 少なくとも、野球は、メンタル面、フィジカル面を問わず、闘争要素を排除すべきである。

以上

« 今日の躓き石 歴史を変えないで!!!! | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 塚田 敬章「古代史レポート」~史料としての「日本書紀」 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 危険なプレーの指摘に感嘆:

« 今日の躓き石 歴史を変えないで!!!! | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 塚田 敬章「古代史レポート」~史料としての「日本書紀」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ