« 今日の躓き石 週刊将棋の落日記事か? | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 新展開 イネ・コメの比較言語学 »

2016年3月19日 (土)

今日の躓き石 「フォーシーム」に脱帽

                               2016/03/19
 今回の題材は、小学館発行のコミック誌 ビッグコミック No. 1364に掲載された連載「フォーシーム」(サダヤス 圭)第73話である。

 この話は、MLBで「快進撃」している日本人痛快クローザーの話であるが、今回、突如、所属球団がMLB屈指のクローザーをトレードで取得したので、またもや波乱が起こったのである。

 いや、毎回、何か波乱が生じないと、連載が続かないのであるが、ここでストーリーの展開についてとやかく言うものではない。話せば長いし、どうせ、簡単に要約できない、念入りに込み入ったお話である。

 (架空の)ライバル球団の面々が、このトレードで、「あれへん」30連続セーブを続けている主人公のクローザーとしての地位がどうなるか論議しているところで、「でも、ターミネーターを獲ったとなると」主人公は「セットアップ?」と、内輪の台詞が書かれているのである。
 ここは、アメリカ人の台詞の翻訳であるから、作者は、しっかり取材した上で、こういう時、業界人は「Setup」と言うのだと確かめて、カタカナ入り日本語にして書いているのである。

 野球用語のカタカナ語はかくあるべきである。スタンディングオーベーションで絶賛するところである。

 しかし、多分誰も、この作者のプロ魂に気づかないだろうな、と思ったので、殊更書き立てているのである。

 言うまでもないが、「Setup」は、セットアップする奴という意味の名詞である。会話でも、口調が動詞と違うので意味が通じるのである。 

以上

« 今日の躓き石 週刊将棋の落日記事か? | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 新展開 イネ・コメの比較言語学 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「フォーシーム」に脱帽:

« 今日の躓き石 週刊将棋の落日記事か? | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 新展開 イネ・コメの比較言語学 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ