« 今日の躓き石 依然燻っているNHKのフィジカル混沌 | トップページ | 私の本棚 42 井上悦文 「草書体で解く邪馬台国の謎」 季刊「邪馬台国」 第125号 続編 »

2016年3月 8日 (火)

今日の躓き石 将棋で駒数の意義?

                      2016/03/08
 今回は、「週刊将棋」紙2016/3/9号の一面記事の話である。同紙は、至って無欲で、ネット上で販促用紙面を公開していないので。

 「週刊将棋」紙2016/3/9号紙面を確認できる購読者以外には、何のことかわからない記事である

 ことをあらかじめお断りしておく。

 素人とはいえ、この道60年の古手ファン、創刊号以来、多分三回程度取りこぼしただけの読者なので、多少は、聞き甲斐のある意見を出せるかも知れないと思うのである。

 タブロイド判紙面の一面記事の割には、やたらと字数が多いのは、「週刊将棋」の宿命だと思うのだが、文字数が多いと報道としての価値が高いのではなく、質を問われると思うのである。三月末での休刊が迫っているが、各担当者の(棋界)新聞記者としてのキャリアは、まだまだ続くと思われるので、苦言を呈するのである。

 さて、当記事冒頭の9行は、本局の背景だが、そもそも、当紙を買うほどの読者には、とうにわかりきっている事情なので、一々書き立てるのは、紙面の無駄というものである。リーグ勝敗表、タイトル戦の予定、などは、内部に引っ込めても良かったのではないか。本紙の顔は、明解、すっきりした方が良いように思うのである。

 次に、序盤戦形の解説だが、敬称略で書かせていただくと、念のため「行方先手」と押さえておくのが、急いでいるかも知れない読者に親切というものである。すると、横歩取り戦型になった意味がよくわかる。

 続いて、「横歩を取らせた局面の」勝率と書き立てているのは、興を削ぐばかりで、不可解である。
 序盤の序盤局面で、以下の展開は多様なのに、この段階で「局面勝率」を言い立てるのは、専門誌の主力記者とも思えない。まるで、先手が、わざわざ負けに決まっている無謀な作戦を選んだ、と批判しているように受け止められるのである。後手が、過去の経験から、横歩を取らせたら、それだけで勝ったも同然と思っていたはずも無いのである。

 一紙面に2局面しか掲示できない、参考図のその1の評で、後手の応手を「当然」、「絶好」と断定表現で描いている。当然、これは、両対局者の評言なのだろうが、当読者は、おそらく、「つらい」とするぼやきと共に行方の自己批判だと思うのである。それとも、記者は、遙か高みからも裁きの目で見ているのだろうか。

 さて、次の段落、第2図の形勢評価が、何ともけったいなのである。

 「駒の枚数に差があり先手優勢

 ドタンとずっこけてしまう。まじめな読者は、視線を参考図2に転じて、ほんまかいなとばかり、指さしして盤面、持ち駒を数えざるを得ない

 歩の数は数えていないが、先手に金銀6枚あるから後手は2枚とわかる。金銀だけ見ると、先手は、各一枚、計二枚の得で、4枚の差が付いていることになる。紙面にメモして次に進む。
 引き続き、大駒を数えると、先手は、飛車の持ち駒だけであるから、後手は、飛車1枚、角2枚だとわかる。大駒だけ見ると、後手は角一枚の得である。2枚の差が付いている。
 つまり、飛角金銀桂香の駒数で、対局開始局面からすると、先手の方が1枚増えていて、後手の方が1枚減っていて、先手が後手より二枚多いと読める

 そこまで読者に確認させておいて、それ以上なんの説明も無い

 形勢判断には、駒の損得が大事であることはわかる。
 しかし、この局面は、角と金銀二枚との交換、つまり、二枚替え状態では無いのだろうか。つまり、やや先手が得をしていると言う程度で、
駒の損得だけで、どちらかが優勢というのにはほど遠いと思うのである。根っからの素人であるが、古手なので、その程度の分別はあるのである。

 それはそれとして、駒の働きも大事なのではないだろうか。
 素人目には、先手陣の右端の方で金銀桂香が遊んでいるように見える
 特に、一手で一コマしか移動できない金銀が、数手移動しないと、守備に関われない状態にいては、駒数の価値も随分低くなっていると思う

 逆に目につくのが、盤面中央部で、後手の二枚の桂が、鋭く先手玉の側面に迫っていて、飛車の突き出した矛先をすぐ側面から強化していることである。

 いや、専門誌の主力記者に説法でも無いだろうが、駒数競争絶対の視点には、大きな疑問が渦巻くのである。

 形勢評価の次に、先手の指手案として、「駒を取りに行けば」と書いているのも、駒数論理の続きで同感できない。
 5七に歩を打つのは、玉の腹に効いている桂を取って自玉の安全を図る、堅実な守備の手であって、断じて桂一枚欲しいだけの駒数競争ではないと思う

 いや、対局者がそう言っていたのなら、そう見るのがプロなのだろう、としか言えない。

 しかし、当ブログ筆者の若い頃、つまり、南芳一九段の奨励会時代だから、年がわかるのだが、近くで観戦していた、誰か忘れた奨励会メンバーに、自分の方が大局観から有利、といったら、「いくら大局的に有利でも、それを形にする手順が指せなかったら、意味がない」と釘を刺されたものである。形勢判断には個人差があるが、具体的な手順には反論できない、それが勝負というものではないか。

 以上のように、専門紙として、舌足らずなのか、読者の視点がずれているのか、表現に困る。

 言うまでもないが、A級順位戦最終局は、本紙の日付の10日前に行われいて、各対局の勝敗、同点決勝無しの挑戦者決定という情報は、既報、衆知なのである。逆に言えば、速報で、ばたばたとまとめるのではなく、ちょっと、「推敲」の時間がとれたはずなのである。

 そうした背景で、世界に一つしか無い専門誌の報道に何が求められているか、この紙面を見る限り、編集者は気づいていないように思えるのである。

 少なくとも、以上の苦言で何か感じたいただければと思って、ゴトゴトキーボードを叩いたのである。関係者が消化試合の視点で発行しているとしたら、余計なお世話となるのだが。

以上

« 今日の躓き石 依然燻っているNHKのフィジカル混沌 | トップページ | 私の本棚 42 井上悦文 「草書体で解く邪馬台国の謎」 季刊「邪馬台国」 第125号 続編 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

将棋雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 将棋で駒数の意義?:

« 今日の躓き石 依然燻っているNHKのフィジカル混沌 | トップページ | 私の本棚 42 井上悦文 「草書体で解く邪馬台国の謎」 季刊「邪馬台国」 第125号 続編 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ