« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 4 | トップページ | 今日の躓き石 サッカーの「メンタル」の正体?     »

2016年4月20日 (水)

毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意

          私の見立て★★★★☆             2016/04/20

 毎日新聞夕刊「文化」面(2016/04/2)の月一連載「歴史の鍵穴」(佐々木泰造 専門編集委員筆)の記事に、敬意を払いたいのである。今回は、ほめ記事であるので、原文へのリンクを付けた。

歴史の鍵穴
被災土蔵の古記録 地震で受けた恩、子孫に残す=専門編集委員・佐々木泰造

*学識への敬意
 前回は、「世人が佐々木氏に望むのは、比類無き豊富な見識を駆使して、あまた持ち込まれる多種多様な新説を咀嚼賞味して、そのなかから、取り扱うに足りるものを厳選し、ご自身の言葉で読者に説き聞かせてくれることではないかと思う。」とまで、言葉を連ねたが、一番言いたかったのは、氏が、自家薬籠中のものとされている、豊富な専門学識を披瀝頂きたかったのである。

 記事内容については、上記サイトを参照頂きたい。

*時代語感と言うこと
 今回の記事で重箱の隅をほじくるなら、唯一不満だったのは、「先人からの未来へのメッセージ」と言う、通俗的な現代言葉、中でも、カタカナ言葉の採用である。

 本来、氏が言いたいのは、先人にとっての「未来」なのだろうが、現代の新聞紙上で地の文として書かれているのを見れば、「未来」とは、今の時点から見た未来と読めてしまう。
 「子孫」とか」「後世」と言えば、誤解を避けられると思う

 また、「メッセージ」というカタカナ言葉は、例によって、いろいろな意味にとれる困った言葉なのだが、当然ながら、書いた当人である先人には理解できない言葉なので、歴史記録の説明としては、不似合いだと思うのである。

 実際、先人は「メッセージ」を伝えるなどと大層な動機から書き残したのではなくて、見た通り、当時の災害の記録とともに、恩人への感謝の想いを込めて、まだ見ぬ後世の子孫に書き残したのではないかと思うのである。もちろん、先人の思いは、推測するしかないのだが、個人的には、そう思うのである。

 本当に「メッセージ」として、子や孫の世代に確実に伝えたいのであれば、土蔵にしまい込むのではなしに、家訓、遺訓として、壁に掲示するなり、文書化して継承したと思うのである。

 折角、時代資料を丹念に紹介頂いているのに、以上のような文句を言うのは失礼と思うだが、ここに違和感を感じたので、貴重な記事に対する感謝の気持ちと共にお伝えする次第である。

*固有表現の継承
 余談だが、浅学極まる当ブログ筆者は、善光寺御開帳で「数え年で七年に一度」という善光寺独特の言い回しが理解できず、違和感を解明するために、ネット検索で確認したものである。
 現代用語で言えば、六年に一度であり、干支で言えば、丑年と未年の行事とわかった。こればかりは、伝統的な言い回しなので、むしろ、安易な言い換えはしてはならないものと理解している。 
 ごく希に、早呑み込みして、七年に一度と書いている記事があるが、まあ、そそっかしい人はどこにもいるので、時に誤解が出回っても仕方ないと思うのである。そそっかしい人は、どんなに自明な文章でも意味を取り違えるので、付ける薬がないのである。
 Wikipediaによれば、そのせいか、「7年目」もしくは「数えで七年」という表記が増えてきていると報告されているが、こ うした表記変更は、完全に浸透するまでに大変な時間がかかる上に、「古い」言い方で育った人には、直感的に違和感のある、間違った言い回しと感じられるの で、世代間、地域間で言葉の食い違いが生じて、相互の意思疎通を疎外するのである。余程の不都合が無い限り、避けるべきだと思うのである。
 「数え年で七年に一度」と書いてあれば、大抵の人は、戸惑うので、ネット検索などで真意を知ろうとするはずであるそれでいいのではないか。
 言葉は、また一つの大事な文化資産であり、もっと大事にして欲しいものである。


 初見の言葉の意味がすぐに理解できないときに、言い方がおかしいと騒ぐのは、善光寺の長年の伝統の意味のわからない、子供っぽい感性の人たちが大半だと思うのである。

 また一つ勉強になったことに感謝する。

 以上、今回の話題は、例によって、個人的な語感に基づく個人的な意見なので、別に絶対的なものとして、押しつけているものではないのは、理解頂けるものと思う。言い回しが断定的なのは、書くときに勢いがつくからであり、他意は無い。

以上

« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 4 | トップページ | 今日の躓き石 サッカーの「メンタル」の正体?     »

毎日新聞 歴史記事批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意:

« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 4 | トップページ | 今日の躓き石 サッカーの「メンタル」の正体?     »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ