« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 3 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 »

2016年4月19日 (火)

YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 4

                 2016/04/18   
承前

 因みに、YouTubeの一部に質問提示が可能なサイトがあったので、以下の通り投書した。権限のある人、問題意識のある人の眼に届けば幸いである。

Content ID system failure
It might sound slightly off-topic but it strongly relates to monetization. So, please be patient.

In my best knowledge, a piece of music in my video is misjudged by the system, again. The piece is a quote from a radio broadcast performance in 1976.
It was composed by a 19th century composer Johannes Brahms and can't be copyrighted anywhere.

The performance is not in the public domain yet, but I can't find any commercialization nor reference on the net. Therefore, I believe the piece of music is almost forgotten.
It must be mistaken for someone's commercialized "content" due to the system's identification failure. Just to make it clear, in the realm of classical music, quite a few pieces of performance by quite a few performers, both professional and amateur, both commercialized and just recorded without release, can sound quite similar because all the classical players tried to stick to the music score of the composer.

The content ID system is destined and prone to mistakes or failures because it just looks casually for matches to find duplicates of copyrighted materials. It is not designed professionally or legally-suitable for identifying or distinguishing by evaluating both matches and mismatches as in crime investigation.

Since YouTube Team conceals the misidentified content nor the copyright claimer, I have no evidence to  my argument above, but I have experienced plural cases of misunderstanding, taking months to shake off by mentioning obvious things in objection process.

All said, this is a case of copyright "invasion" of my work of video, which is a crime itself.
I am threatened to allow sharing my income with some deceiving claimer in hiding.

I do not understand why YouTube Team maintains such an error-prone system in classical music identification. It's too innocently unaware to give benefit to the big guys and unfair to us small and weak YouTube video creators.

取り敢えず、この項 完

« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 3 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 »

YouTube賞賛と批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« YouTube著作権 逆侵害騒動 「著作権保護されたコンテンツ」の説明 3 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ