« 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 | トップページ | 今日の躓き石 囲碁界奇譚~国境を越えた『同級生』の怪 »

2016年5月11日 (水)

今日の躓き石 サッカーの「メンタル」の正体?    

                             2016/05/11

 今回は、旅行したりして、新聞、テレビから遠ざかったせいで、ぼやきネタが無かったのであるが、色々迷ったあげく、4/24開催のJリーグ第8週を報道した4/25付け毎日新聞大阪朝刊の記事を取り出して、時期外れ、半月遅れのコメントを公開することになった。

 個人の何気ない発言の難点を言い立てるのは、気が進まないのだが、何分、監督は、選手経験を経て、今は、一流チームの指導者として、新聞向けの談話を提供しているのだから、遠慮せずに率直に批判させて頂くのである。何かの戒めになれば幸いである。

 記事の末尾の談話に曰く、「形はどうであれ、勝ち点3をつかみ取って帰りたかった。ACL敗退で精神的、日程的に次に向かうことが難しい中、よく踏ん張ってくれた。」

 何気なく読むと、敗者の愚痴のように思える言い回しである。移動中のせわしない読み手には、勝ち点3を掴めなかった(負けに等しい試合をしてしまった監督の)悔やみのように読めたのである。
 この試合に先立ち国際試合があったが、対戦相手は一段と手強いのは想定されていて、負けることも覚悟しておくものではないのか。まして、日程が厳しいのは、決まり事だから、これも、覚悟しておくものではないのか。
 選手の中に、そうした弱音を口に出す者がいても、監督は、新聞社の取材に応じて、このような意気地の無い談話を提供して天下に公開されているのは、感心しない、とその時は感じたのである。

 それにしても、「精神的、日程的に次に向かうことが難しい」というのは、日本語として意味を成さない、うわごとのように思える。精神的に挫けるのと日程が詰まっていて疲労が抜けないのは、全く別の種類の事項である。監督自らが、このように言葉遣いが乱れるほど動揺していては、選手がしっかり戦えないのも、無理ないと思わされるのである。
 談話を報道した記者は、言葉の意味を理解していたのだろうか。

 また、監督の言葉として、「追いつかれ、メンタルが崩れてしまう」と危惧していたとも漏らしているが、同点にされただけでもうダメメだとばかり、「メンタル」なる意味不明の代物が「崩れ」るのを感じたようだが、それは「センチメンタル」と言うべきものではないのだろうか。スポーツ選手は、逆境で闘志を掻き立てられるものと思っていたが、素人の勘違いなのだろうか。監督の指導している選手たちは、脆い根性の持ち主ばかりなのだろうか。

 それにしても、記事前半の外国人選手の得点談話は、「精神面で相手を上回った」と胸を張ったと書かれているが、まことに立派な日本語談話であり、みんなの励みになる力強い言葉遣いである。

 こうして、半月経って読み返してみると、この試合の記事は、書き出しから最後まで、ぐらぐらと言葉遣いが揺れていて、記者としての見識が見えないし、監督の恨み言をそのまま書き連ねて、関係者一同を、意味なく不愉快にしているのである。

 因みに、別のチームの外国人監督のドロー試合談話は、「注意力の欠如が最大の原因。」と明解であり、かつ、選手にとって、今後の糧になるものと思うのである。サッカーは、他のスポーツと同様に、集中力の維持が大事なのである。闘志は、瞬発力を生むかも知れないが、瞬発力で勝てるほど甘いスポーツではないはずである。

 当ブログでは、時折、スポーツ関係のメディアで見かける、できの悪い通訳言葉を譏っているが、今回の記事では、しっかりと、一流選手や監督にふさわしい大人の言葉遣いになっているのに感心したのである。

 毎日新聞の記者も、このあたりの言い回しを学ぶべきである。聞いたまま書き出すのが報道では無いと思うのである。

以上

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 | トップページ | 今日の躓き石 囲碁界奇譚~国境を越えた『同級生』の怪 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 サッカーの「メンタル」の正体?    :

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 貴重な見識に敬意 | トップページ | 今日の躓き石 囲碁界奇譚~国境を越えた『同級生』の怪 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ