« Behind the thick, twirling cloud over the mysterious Venus | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の締まりのないカタカナ語管理 »

2016年6月13日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞の締まりのない失言連鎖

                                                                    2016/06/13
 今日の題材は、休刊明けの6月13日毎日新聞夕刊大阪3版スポーツ欄である。
 都市対抗北海道予選の戦評記事だから、北海道担当の地方記者の書き飛ばしかもしれないが、現に載っているのは全国紙面だから、過去の事例と同様に、不都合は不都合と指摘しなければならない。
 それが、当ブログの大方針なので、気ままに見過ごせないのが、当方のつらいところである。誰だって、書き飽きたあらさがしの記事は書きたくないのだが、天下の毎日新聞紙面にある話だから、ダメな言葉遣いは、だめだというしかないのである。

 今回の題材は、記事の地の部分だから、当の選手の談話ではないと思う。当人は、社会人10年目、普段は社員として勤務しているから、当の一流企業でちゃんとした社員教育を受けているはずであり、こんなつまらない放言は、「絶対」にしないはずだ、これは、新聞社の不手際だ、と思うしかないのである。

 とはいうものの、現実は現実で、「絶対」は言えないのである。何にしろ、社会人野球の一流チームのエースである以上、何試合に一回は、先発で試合を任されるのであり、戦う相手も一流チームとなれば、絶対負けない、などといえないはずである。大事な試合ほど強い相手なのだから、意に反して負けることだってあるはずである。大事な試合で負けるたびに、負けた相手に敵愾心を燃やして、「仕返ししてやる」、「血祭だ」などと血なまぐさい言葉を吐くのは、当人の経歴に汚点を残すし、後輩に対してもつまらない指導になるのではないか。それとも、当のチームは、負けるたびに仕返しすることを本分としているのだろうか。いらぬ詮索までされそうである。
 個人の意見は、個人の自由だから、「リベンジ」の思いを個人的に燃やしてもいいかも知れないが、チームを巻き込んだ発言、後輩を縛る発言は、慎んでもらいたいものである。

 それにしても、毎日新聞が、そんな騒動を書き立てるような、つまらない記事を掲載しなければいいと思うのである。なんとか、全国紙としての見識で、よろしく自制して貰いたいものである。記者個人の賞罰に及ぼして欲しくはないのである。

以上

« Behind the thick, twirling cloud over the mysterious Venus | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の締まりのないカタカナ語管理 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 毎日新聞の締まりのない失言連鎖:

« Behind the thick, twirling cloud over the mysterious Venus | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の締まりのないカタカナ語管理 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ