« 毎日新聞 歴史の鍵穴 三丸の悲劇 鍵穴の悲劇 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 余談 200勝投手の業績グラフ表現の妙技 »

2016年7月22日 (金)

今日の躓き石 神がかっている話 島村アナ賛

                                2016/07/21
 今日の題材は、神がかっている話である。

 広島―阪神戦(CS J Sports 1のJSPORTS STADIUM 2016)で、実況アナが、柔らかい語り口で、しかし、きっちりと、「神がかっている」と正しい言葉をおぼえて欲しいとたしなめていたのに、感心したのである。

 その時たしなめられていたのは、「神っている」とボードを掲げている若者達だが、実は、そんな半端な言葉で大人げない談話を出した監督の責任と、それを糺すことなしに報道した各紙スポーツ記者の責任なのである。

 ご当人の監督の方は、勝ちまくって調子に酔って、ついつい悪い言葉の見境がなくなっている、言葉遣いの素人だから、ある程度の失言は仕方ないのだが、問題は、言葉のプロであるべき報道機関が悪のりして、まんまで報道して、汚染を拡大していることである。

 こうしたとき、すかさず、厳しく反応するのが、当ブログの定番であり、問題の監督談話は、気づいていたのだが、新手の手違いについて、個人攻撃にならないように、たしなめるのに良い折を待っていたのである。

 最初、その安易な悪のりの流れに水を差したのは、毎日新聞のスポーツ欄であった。目立たない手口で、正直、大いに感心したのだが、ほめ記事をあげるのに良い折を待っていた。

 今日、普段 諦めていた民間放送系の実況放送で、物静かに「正しい言葉をおぼえて欲しい」と語りかけているのを聞いて、これは、大きく支援すべきだと思ったのである。

 ネットで調べると、実況の島村俊治アナウンサーは、往年のNHKスポーツアナウンサーだと言う。当ブログ筆者より年上の方で、2000年に定年退職されて、フリーの立場で、時に民間放送のアナウンスをされているようである。

 「神がかっている」とは、こうした 高さも奥行きも深さもある豊かな境地であり、何をしても成功するまぐれ当たりの境地とは違うと思うのだが、これは、各人の感性の問題だから、賛成する人は少ないだろうと覚悟している。

 ご同業の若い人は、プロのアナウンサーの人となりと語り口を、よく学んで欲しいものである。


 それにしても、鯉の
滝登りの監督さん、酔いから覚めたときに反省してくれたのだろうか。それとも、子供達に受けているのに満足しているのだろうか。

以上

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 三丸の悲劇 鍵穴の悲劇 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 余談 200勝投手の業績グラフ表現の妙技 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 神がかっている話 島村アナ賛:

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 三丸の悲劇 鍵穴の悲劇 | トップページ | 毎日新聞 歴史の鍵穴 余談 200勝投手の業績グラフ表現の妙技 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ