« 私の本棚 番外 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 補追 | トップページ | 今日の躓き石  「リベンジ」の拡散と稀釈化 NHKEテレ »

2016年7月14日 (木)

今日の躓き石 都市対抗野球の報復合戦?

                         2016/07/14
 今日の題材は、毎日新聞大阪朝刊13版の社会面である。と言っても、近日開催の都市対抗野球に対する地元市長の応援談話であり、「我がまち 第87回都市対抗野球」と題して、チーム所在地の三市長が、地元支局長の取材にこたえた形となっている。

 そこで、高知市長の談話が、「リベンジ 2勝目を」と高らかに「報復」、「仕返し」を謳い上げているが、まずは、市長談話として、大変不穏なものとしか言い様がない。楽しかるべきスポーツの場に、忌まわしい復讐を想定するのは、どういうことなのかと歎くのである。対戦相手には前回負けていると言うことで、「仁義なき戦い」を宣言しているのだろうか。

 とはいえ、談話自体には、そのようなことばはみられない。単に、大会での勝利を期待していると言うだけである。と言うことは、この物騒な見出しは、地元支局長の創作ではないかと思われる。非難の矛先を、正しい相手に向けねばならない。

 並行して掲載されている他の二市市長談話では、見出しは談話の締めくくり部分の要旨になっている。なぜ、高知市長だけ、さらし者になっているのだろうか。

 いや、もし、市長が、実際に子供に聞かせられない「悪い言葉」を語ったとしても、全国紙の報道姿勢として、そのような不適切な言葉は使わないと説明して、記事から外すことはできたはずであり、本件報道に対する文責は、毎日新聞社にあることになる。

 天下の全国紙に、このような子供に言うようなことを書き連ねるのは心苦しいが、是非、広がるのを助けてはならないと思われる「悪い言葉」の扱いについて再考いただきたい。

 今回は、発言者や担当記者を特定できる書き方になってしまったが、それぞれ、社会的に尊敬される地位にある方達なので、批判を受け容れる度量があると思うものである。

以上

« 私の本棚 番外 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 補追 | トップページ | 今日の躓き石  「リベンジ」の拡散と稀釈化 NHKEテレ »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 都市対抗野球の報復合戦?:

« 私の本棚 番外 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 補追 | トップページ | 今日の躓き石  「リベンジ」の拡散と稀釈化 NHKEテレ »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ