« 今日の躓き石 毎日新聞の恥 「リベンジ」の蔓延 | トップページ | 私の本棚 番外 「邪馬台国論争」一局面 暗号「山上憶良」  番外^2 »

2016年8月17日 (水)

今日の躓き石  「地獄のような日々」

                                2016/08/17

 今回も、題材は毎日新聞夕刊スポーツ面である。リオ五輪報道記事のシンクロペアが銅メダルを取った、大変おめでたい報道であるが、先日のヘッドコーチインタビュー記事と合わせると、大変不穏当な記事になっているのである。

 「地獄のような日々、報われた」

というのは、選手談話の引用なのだが、なぜ、ここで見出しにして大書しているのかわからない。 

 「地獄」という強烈な非難の言葉はあっても、当人がメダルを取ってうれしかったという言葉はあっても、感謝の言葉は書かれていない。「感謝の気持ちも示した」と言うが、口に出せなかったのだろうか。 

 「地獄」の責め苦にあうのは「罰」であり、「罰」を受けるのは、現世で罪を犯したからである。どんな罪を犯したというのか、どう罪を悔いて救済されたのか、深い言葉を無造作にまき散らしたものである。

 いつも言うのだが、選手は、言葉遣いを誤ることがある。自身で地獄の責め苦を知っているはずがないから、誰か、悪意のあるものが教えた言葉に違いない。誰も、勘違いをただしてくれなかったのが、不運というものである。
 そうした心得違いを優しく導くのが、報道の責任でもある。誤解を招く比喩をそのまま世に出して、選手に恥をかかせるのは、地獄の鬼の所行であるが、それは鍛錬の意図があってこそのことである。今回など、一種の悪例となっているように思う。

 元に戻ると、地獄の責め苦は、コーチが課しているのである。これではコーチは、地獄の鬼扱いである。
 それまでのコーチは、地獄の責め苦を与えない、仏様のような存在だったのだろう。地獄の鬼を海外追放してくれたという意味で、仏様だったのだろう。そう聞けば、それまでのコーチは、うれしいのだろうか。

 もちろん、当のコーチは、地獄の鬼のように鍛錬が過酷で悪かったなどと謝罪はしていない。「まだ文句はある」と厳しい。まさしく、鬼コーチである。

 以上、毎日新聞の記者であれば、コーチに対する安直な弾劾記事でなく、鍛錬と成果の関係について、具体的に書き残すべきではなかったかと思うのである。
 それとも、仏様のように耳当たりの良いブログ記事を書くべきなのだろうか。

以上

« 今日の躓き石 毎日新聞の恥 「リベンジ」の蔓延 | トップページ | 私の本棚 番外 「邪馬台国論争」一局面 暗号「山上憶良」  番外^2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石  「地獄のような日々」:

« 今日の躓き石 毎日新聞の恥 「リベンジ」の蔓延 | トップページ | 私の本棚 番外 「邪馬台国論争」一局面 暗号「山上憶良」  番外^2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ