« 毎日新聞 歴史の鍵穴 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 今日の躓き石 藤原京元日朝賀の虚報、誤報 »

2016年9月29日 (木)

今日の躓き石 ブラタモリの「リベンジ」汚染荷担

                                2016/09/29
 今回は、何日か遅れで留守録した番組を見たので、大分出し遅れであるが、見ていた証拠を出すことにする。

 NHKの名物番組の感がある「ブラタモリ」の広島編は、例によって、仕掛けのあるご当地紹介を見事にこなしていく、当代随一の役者ぶりであったが、(当人の責任ではないのだが) 番組にドロを塗るつまらない失言が出て、がっかりであった。
 番組の締めくくりに近くなって、シジミトリの川船で、腕試しとばかり、長い竿の先のかごで川底のシジミを「突いて」いくのだが、一度目は、上がりが空かごで、いや「もう一丁」という所で、字幕と語りで「リベンジ」がぽろりと出たのは、NHKにしては、何とも情けないと思うのである。

 ご当人の失言であれば、そのまま流すしかないかも知れないが、こんなつまらない失言はしない人が失言していないのに、NHKが勝手に場違い、手違いの失言を付け足しているのは、カタカナ語汚染(公害)に手を貸したことになり誠に残念である。

 大体が、今回は、別に邪魔する相手があって、失敗させられたわけではないから、やり返しも無いのである。単に、うまくいく手さばきの要領が手についてなかっだけであり、さすがに、何でも一回でこなすまではいなかっただけである。
 誰かを恨むとしたら。おおぼけのコメントを付けた、NHKスタッフであろう。

 と言うことで、NHKの社員教育が行き届いていないことを知ったのである。

 言うまでもなく、今回も、過不足無く、行き届いた番組であり、貴重な一時であったのだが、一つの小石で躓いて倒れ込んだのが残念であった。

以上

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 今日の躓き石 藤原京元日朝賀の虚報、誤報 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 ブラタモリの「リベンジ」汚染荷担:

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 「伊勢・出雲ライン」の妄想 | トップページ | 今日の躓き石 藤原京元日朝賀の虚報、誤報 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ