« 今日の躓き石 NHKニュース 被災地国体でのリベンジとは? | トップページ | 今日の躓き石 なれ合いが増えたか「友好的」投球のプロ野球 »

2016年10月 7日 (金)

今日の躓き石 廃れない言葉のボギー-ゴルフ界

                              2016/10/07
 今回は、毎日新聞大阪第13版のスポーツ面、そして、またもや、ゴルフ界の悪習のネタである。

 まだ、初日、つまり木曜日の結果なので、41歳のプレーヤーの初トップを軽く流して紙面にすると言うだけで、手抜きしたのだろうが、末尾にトップを取ったプレーヤーの談話がだらだら引用されていて、その中に、「パターがよく入ってくれた」と悪い言葉がそのまま書かれている。

 確かに、当人がしゃべったとおりなのだから、悪い言葉遣いは、担当記者のせいではないのだが、そうした周知の悪い言葉遣いをたしなめもせず、そのまま書き立てるのは、いわば、さらし者扱いであって、後々までの笑いものにしようとは、(悪く受け取れば)陰険である。

 後世に残るのは、プレーヤーと発言だけで、記者のことは伝わらないから、担当記者には、痛くも痒くもないのだろうが、報道される当人達にしてみれば、たまったものではないのである。

 どうか、「パターが入る」「ドライバーが飛ぶ」「アイアンが曲がる」など、業界の悪習となっている悪い言葉遣いは、いくら、古くからの伝統でも、間違った言い方なので、後世に持ち越さずに、レジェンドの消え去るままに道連れにしてもらいたいものである。

 この辺りの見識は、言葉のプロである全国紙記者が、不慣れなプレーヤーに伝えて欲しいものである。

以上

« 今日の躓き石 NHKニュース 被災地国体でのリベンジとは? | トップページ | 今日の躓き石 なれ合いが増えたか「友好的」投球のプロ野球 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 廃れない言葉のボギー-ゴルフ界:

« 今日の躓き石 NHKニュース 被災地国体でのリベンジとは? | トップページ | 今日の躓き石 なれ合いが増えたか「友好的」投球のプロ野球 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ