« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 1 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 »

2016年11月 9日 (水)

私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 2

會稽東治 2  禹の東治
                       2016/11/09      
 一見意味不明な禹の東治であるが、白川静氏の著書に啓発されて、以下のように解しているのである。

 「治」とは、殷周から秦漢にいたる中国古代にあっては、文字通り「治水」の意であり、後に、水を治める如く人を治めるこことを「治世」と表したのではないか。

 よって、河水(黄河)の治水にその治世の大半を過ごし、「水」を治めるものとして尊崇を集めた禹が、晩年に至って東行して江水(長江、揚子江)下流、会稽に至り、長江流域からも諸侯を集め、治水の功績を評価したのではないか。

 禹は、元来江水流域に勢力を持っていたという伝承もあり、続いて、河水の治水をも極めたことから、中原、河水流域にとどまらず、九州(中国全土)が禹の威光の下に統一されたと評価されたのではないか。

 いや、この記事は、伝説の治水の君主としての禹を頌えるものであり、現実に、九州全土をその権力の及ぶ範囲としたことを示したものではないことは言うまでもない。

 ちなみに、白川氏は、禹には、治水を極めた夏王朝創業者としてとしての顔と、それ以前の伝説で洪水神として畏れられる顔とがあると語るが、史書は、もっぱら、夏王朝の始祖、治水者禹を語っている。

 ここでは、東治と「東」の字が用いられて二字であるが、江水下流地域は江東と呼ばれていて、その意味の東治であろう。

 会稽郡を命名した李斯は、その教養として、禹伝承を把握していて、河水上流で西に偏した咸陽に都した秦の支配力を、遙か東方の会稽に及ばせ、東方治世の拠点としたのではないか。

 白川氏によれば、治の旁である台は、耕作地に新たに農耕を開始する儀礼であり、古代音は、「イ」であったとのことである。さんずいのついた「治」も、本来、水によって台を行う、つまり、水を統御して農耕を行う意味であり、やはり、古来「イ」と発音したように思うのである。後に、台が臺(高台)の通字となり、タイ、ダイと発音されるのが通例となったが、怡土郡(イド)の発音に形跡が残っている。

  いや、当然とした解釈が当然でないのである。

以上

« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 1 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 2:

« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 1 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ