« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 5 »

2016年11月 9日 (水)

私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 4

会稽東縣談義 1

                       2016/11/09

 三国志呉書と魏書に、会稽東縣に関する記事がある。

 依拠史料は一つであり、呉書と魏書にそれぞれ引用されたと思われる。同一の記事のはずが一致していないので、関連史料の批判として、どちらが正確な引用なのか考察を加える。

 会稽は、江水と沿岸の交易から大いに繁栄したと思われる。経済活動に即して、会稽東部諸縣を監督する部署を設け課税したと推測される。そこで登場したのが、会稽東縣都尉であり、また、東呉に会稽東縣なる地区区分があったはずである。

会稽東縣 呉書 
三國志 吳書二 吳主傳
 (黄龍)二年春正月(中略)
 遣將軍衞溫、諸葛直將甲士萬人浮海求夷洲及亶洲。
 亶洲在海中,長老傳言秦始皇帝遣方士徐福將童男童女數千人入海,求蓬萊神山及仙藥,止此洲不還。世相承有數萬家,其上人民,時有至會稽貨布
 會稽東縣人海行,亦有遭風流移至亶洲者。所在絕遠,卒不可得至,
 但得夷洲數千人還。

 呉主傳が伝えるのは、呉主、即ち(自称)皇帝孫権が、衞溫、諸葛直の両将に指示して、兵一万人と共に、夷洲及澶洲を求めて、東シナ海に出航させた事例である。背景として、秦始皇帝時代に、方士徐福が亶洲に向けて出航し帰還しなかった。現地で数万戸の集落に発展して、ときに、会稽に商売に来る。と挿入句風に、「史実」を引用している。

 「会稽市」と書く以上、それは、郡名でなく地名の会稽を指しているとみられるのである。よって、引き続いた「會稽東縣」は、南方の会稽郡東冶県でなく、会稽の沿海部と見られる。

 筑摩版正史三国志では、呉主傳の「會稽東縣人」を「會稽郡東部の住民」としているが、以上の考察に照らすと、誤訳に近いものである。

 ここで言う会稽は、南方東冶を含めた会稽郡を言うのではなく、著名な地名としての会稽の周辺なのである。

« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 5 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 4:

« 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 3 | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ