« 今日の躓き石 サッカーにおける身体能力とフィジカルの違い | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 2 »

2016年11月 9日 (水)

私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 1

會稽東治 1   東治之山
                          2016/11/09
 定説では、倭人伝の「會稽東治」には典拠がなく、会稽東冶の誤写とあるが、そう簡単な話では無いと思う。

 「會稽東治」とは、史記夏本紀の「或言禹會諸侯江南,計功而崩,因葬焉,命曰會稽。」と言及している歴史的な事跡に因む、由緒来歴のある會稽「東治之山」を指すものであり、「東治之山」とは、具体的には会稽山をさすものと考える。

 水経注および漢官儀で、会稽郡名の由来として書かれている記事があるが、現在「東冶之山」と作っている写本が見られる。

 秦用李斯議,分天下為三十六郡。凡郡,或以列國,陳、魯、齊、吳是也;
 或以舊邑,長沙、丹陽是也;或以山陵,太山、山陽是也;或以川源,西河、河東是也;或以所出,金城城下有金,酒泉泉味如酒,豫章章樹生庭中,鴈門鴈之所育是也;
 或以號令,禹合諸侯,大計東冶之山,會稽是也。

 では、「東冶」が正しいのかと思いたくなるが、会稽郡名の由来に「東冶之山」が登場する謂われはなく、禹の事績に因んで「東治之山」と校勘した写本を採用するべきと考える。

 また、中国の地名表記で、「会稽東冶」は、「会稽」(地域)と「東冶」(地域)と読むのであり、会稽郡の東冶県をさす場合は、「会稽東冶県」と明記する。これらの書きわけは、後漢書倭傳に揃って現れているが、笵曄は倭人傳の会稽東治の意義を理解できずに東治は地名にないから、東冶の誤記と即断して校勘したものと思われる。

 更に念押しするなら、ここで書かれている各郡命名は、秦始皇帝の全国統一の際に、重臣である李斯が決定したものであり、その時点、「東冶」なる地名は存在しないので、ここに、東冶と書くのは、時代錯誤なのである。水経注と漢官儀は、後世の編纂であるが、李斯の提言の記録なので、遠く遡るのである。

 ちょっと厳しすぎる議論になりそうだが、正直言って、漢字の「さんずい」(水)を、ちょっと間違えて「にすい」(火)に書いてしまうのは、それほど珍しいことではなく、時に、通字になって辞書に堂々と載っているくらいである。

 ただし、それは、さんずいの漢字をにすいにした字がなくて、誤字にならないと言うことが前提である。東治と東冶のように、さんずいとにすいで、字義が異なる場合は、きっちり書き分け、読み分けしなければならない。

未完

« 今日の躓き石 サッカーにおける身体能力とフィジカルの違い | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 2 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 1:

« 今日の躓き石 サッカーにおける身体能力とフィジカルの違い | トップページ | 私の意見 倭人伝 会稽「東治」「東冶」談義 2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ