« 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事 二態 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事賞賛 いや絶賛 »

2016年11月21日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞の堕落また一つ リベンジ 

                             2016/11/21
 今回の題材は、毎日新聞大阪夕刊三版の社会面である。とかく刺激的な言葉に走り勝ちなスポーツ面ならともかく、紙面の規範たるべき社会面で、こんなひどい見出しにであうとは! 長生きしたくないものである。

 「リベンジ **へ秋波として、問題用語の後に某政党の党名が続いている。

 「女のこび」を売っているものの主語が書かれていない。おそらく、どこかの女性党首に対する揶揄なのだろうが、全国紙の品格も何もあったものではない。世に言う「セクハラ」である。
 言い寄られている色男に擬されている**も、秋波で転ぶと見なされて不満であろうが、ここは、特定の政党と結びつけた議論ではないので党名を伏せている。すぐわかることである。

 この見出しで次に問題なのは、「リベンジ」と言う言葉の意味が二種あることを見逃していることである。報道のプロたるものが、まるで、子供の落書きである。

 一つは、ISなどのテロリストが大義名分としている「復讐」である。しかも、本来、神の手に委ねるべき復讐を、自分たちが行うという「聖戦」の意までこめた悪質な言葉である。

 もう一つは、プロ野球に発して、若者社会ににはびこっている「再挑戦」と言う軽い、おどけた意味である。

 このように意味が不安定なカタカナ言葉を、社会面トップ記事に重用するとは、それだけで、もってのほかの杜撰さである。

 しかも、後者の意味は、一般の成人読者に浸透していないから、辞書など参照した上で悪質な意味ととられても仕方ないところだろう。以上が記事の真意なら、それを凝縮した見出しは、それなりに仕方ないかとなるが、本当に他に言い様はなかったのかと疑問が湧いてくる。、

 毎日新聞は、政治の世界の勝った負けたを血の抗争と見ていると解されても良いのだろうか。また、テロリストの論理を支持しているのだろうか。

 それとも、これは、大阪の選挙の話題だから、特別な因縁話があって、血が血を呼んでいると諷しているのだろうか。比喩にしても、もっと、穏当な言い方がありそうなものである。

 と言うことで、今回は、不穏当で不吉な見出しに遮られて、記事内容に目がいっていない。見出しが記事本体を表しているはずだから、そんな杜撰な記事は見るだけ時間の無駄と言うことである。

 校閲部は、誤字や事実関係のボロを拾うだけでなく、こうした深刻な齟齬を捉えて、本来の報道姿勢を回復してほしいものである。

 当方は、一購読者であるが、全国紙を愛読するのは、紙面に掲載されるまで、記事の吟味が十分成されている、銭のとれる記事であると信じているからである。
 担当記者の思いつきが、十分審議されないままに当方の手元に届くのであれば、紙形態の全国紙は、なくても良い
と思うのである。

以上

« 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事 二態 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事賞賛 いや絶賛 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 毎日新聞の堕落また一つ リベンジ :

« 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事 二態 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞テニス記事賞賛 いや絶賛 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ