« 毎日新聞 歴史の鍵穴 非科学的な紹介と強引な見出し付け | トップページ | 今日の躓き石 陳腐な表現 「ハードル」 »

2017年1月20日 (金)

将棋談義 天段の勧め 加藤一二三九段に寄せて

                          2017/01/20
 今回は、将棋界の不世出の偉人である加藤一二三九段に寄せるものである。

 ご承知の方も多いと思うが、将棋界の段位は、長い間八段が最高であったが、やがて格別の業績を示した大棋士に対して、例外的に、八段を超える九段が認められたのだが、それが、いつしか拡張されて、そこそこの大棋士は、タイトル獲得などの積み重ねにより九段を名乗れるようになった。

 しかし、それでは、加藤一二三九段のような格別の業績を残した特別な棋士に対して、並の九段ではない、格別の棋士であるという格別の称号ではないと言うことになった。

 そこで提案したいのは、「天段」の新称号である。見たとおり、段位の呼び方であるが、(今度こそ)最高段位の主旨である。

 すぐ思いつきそうな「十段」は、かつて、将棋界のタイトルにあったし、囲碁界には今も存在するタイトル称号である。
 それ以外にも八,九の次が十だと、いずれ十一,十二となるかも知れないと思わせるのが難点である。それに対して、「天」は極上の極みであり、その上はないと感じさせる。いわば、究極の段位である。

 仮に規準を示すとすると、プロ棋士キャリアの通算勝数、敗数、何れかが一千以上、ないしは、対局数が二千局以上であることである。タイトル全冠制覇も「天段」て称揚する価値があるのではないかという声もありそうである。
 数で積み上げるのは、まことに素朴な指標であるが、長年に亘って現役にとどまり、かつ、相当の好成績を収めた時期がなければ、達成できない数字であることは、ご承知のことと思う。

 「てんだん」は、言うまでもなく、十段(Ten Dan)のしゃれでもある。

 中国語で、「天」は神様のことであり、「天段」の発音は、日本語の「テンダン」とは少し違うが、まあ、無理にカタカナで書くと「ティエントゥアン」であり、おぼえやすい程度に似ているので、国際性のある囲碁界にもお勧めしたい。(くれぐれも、タイトル称号で商標などにしませんように)

 と言うことで、(できれば、現役の間に)「加藤天段」と称揚することを提案するのである。

以上 

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 非科学的な紹介と強引な見出し付け | トップページ | 今日の躓き石 陳腐な表現 「ハードル」 »

名付けの話」カテゴリの記事

将棋雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋談義 天段の勧め 加藤一二三九段に寄せて:

« 毎日新聞 歴史の鍵穴 非科学的な紹介と強引な見出し付け | トップページ | 今日の躓き石 陳腐な表現 「ハードル」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ