« 私の本棚 研究最前線 邪馬台国 吉村 武彦 「考古学だけでは不十分」6/7 | トップページ | 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う »

2017年5月 9日 (火)

私の本棚 研究最前線 邪馬台国 吉村 武彦 「考古学だけでは不十分」 7/7

    石野博信 高島忠平 西谷正 吉村武彦 編    朝日新聞出版 2011年6月 

 私の見立て 全体評価 ★★★☆☆ 凡庸なごった煮   部分評価 ★☆☆☆☆         2017/05/09

*正史写本評価
 これに対し、正史の写本は、実用のものではないために、よほど関心のある皇族や政府高官でないと所蔵せず、従って、世にあるのは、政府所蔵の良本に近い写本であり、従って、とことん入念な校正を経た良本の良質な複製品であって、低俗な写本が氾濫することもなかったと推定される。

 つまり、経書の写本に誤写が非常に多いことから類推して、正史写本にも同様に誤写が多いと速断するのは、誰が言い出したか知らないが、とことん軽率ではないかと思われる。

 中国学権威の見解は、尊重して聞くべきであるが、推論の過程に疑問があれば、率直に指摘すべきと考える。

 因みに、宮崎氏が自身の見聞から、正史、特に、三国志の写本、版本に誤写が多いと判断していたのであれば、当然、実例を挙げて明言されていたはずであるから、実例の指摘が無いと言うことは、宮崎氏の博識を持ってしても、確実な事例は、思い当たらなかったと見るのである。

 いや、宮崎氏の書いた趣旨を、他の部分の誤読、誤解事例から見て信用をおけないと見られる引用者が要約した引用で判断してはならないのだが、ここは、証拠として取り上げるべきではないという判断の論証過程であるので、ご容赦いただきたい。

  いうまでもないが、以上で言及していない記事に異論がないというわけではない。推して知るべしと見ていただいて結構である。

以上

« 私の本棚 研究最前線 邪馬台国 吉村 武彦 「考古学だけでは不十分」6/7 | トップページ | 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の本棚 研究最前線 邪馬台国 吉村 武彦 「考古学だけでは不十分」6/7 | トップページ | 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ