« 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う | トップページ | 今日の躓き石 不可解なリベンジ ゴルフ 女子トッププロの迷言 »

2017年5月16日 (火)

今日の躓き石 ゴルフ世界3位の失言 リベンジ

                      2017/05/16
 今回の題材は、毎日新聞大阪5/15付け夕刊第3版のスポーツ面記事であるが、共同通信の配信記事であるから、毎日新聞が主犯というわけではない

 と言うことで、見過ごそうとしたのだが、その後、発言者が世界ランキング3位になったとの報道に気づいたので、この機会に失言を指摘して、今後世界のマスコミに対して恥をかかないように忠告するものである。

 発言の趣旨は、当日の特定のコースでのプレーが、前日の失敗を教訓にして改善されたという感慨であり、その主旨自体、特に文句をつけるものではないのだが、言葉として「リベンジができた」と失言しているので、大いに失望したのである。

 プロゴルフの世界でトップ3の地位に上り詰めたのに、言葉遣いは俗悪では、もったいない。特に、カタカナ語を、元来の英語の意味を構わずに、軽い気持ちで誤用しているのは、そのまま英訳されれば、真意を誤解されるものである。軽い気持ちの誤用は、本気の言葉より、たちが悪いのである。

 当人の真意は、先ほど書いたように、鬱憤に耐えて、前日の失敗を繰り返さなかったという意味なのだろうが、リベンジは「復讐」であり、「天誅」であり、「血の報い」である。世界を震撼させている大事件の多くが、やられたらやり返す、と言うものであるから、大国の勝手な制裁や制裁された側の報復の応酬に加担しているものである。

 他に言い方はあるのだから、このカタカナ語を口にしないよう自戒して欲しいものである。
 プロスポーツの選手は、発言が報道される機会が多く、子供達を含め、多くの視聴者、読者がお手本にするものだから、特に慎重であって欲しいのである。

以上

« 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う | トップページ | 今日の躓き石 不可解なリベンジ ゴルフ 女子トッププロの迷言 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 ゴルフ世界3位の失言 リベンジ:

« 今日の躓き石 ハードルへの誤解蔓延を憂う | トップページ | 今日の躓き石 不可解なリベンジ ゴルフ 女子トッププロの迷言 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ