« 倭人伝「長大」論 総決算 1 曹丕用例批判 1-1 | トップページ | 倭人伝「長大」論 総決算 2 曹丕用例批判 2-1 »

2017年8月12日 (土)

倭人伝「長大」論 総決算 1 曹丕用例批判 1-2

                             2017/08/12

 当ブログでは、呉書は、孫権政権史官が記録した記事を採用していることを述べた。

 呉書記事の「偏向」の適例として、「赤壁」に先立って、呉陣営で曹操を「老賊」と揶揄しているのが引用されている。呉書で、曹操は「曹公」と適度の敬称で書かれていて、蔑称は発言引用の部分である。

 さて、赤壁の戦いの時点で、曹操は51歳程度で、当時としても老いぼれというほどではないが孫権より一世代上であるから、孫権政権の内輪で「あの老いぼれ」呼ばわりして不思議はない。肝心なのは、揶揄発言が呉書に記載されたことであり、曹丕の長大も、同様に揶揄表現が記載されているのである。

 曹丕は「若造」の分際で皇帝の位に就いたとしているが、孫権より5歳下だったのが影響してか、立派な壮年が若造扱いなのである。

 発言の趣旨としては、曹丕は若造だったが、オヤジの残した補佐役が必死で支えて帝国を保ったのに引き換え、曹叡は、(後漢最後の皇帝、献帝のように乳臭い)幼帝でろくな補佐役もいない、と言う感じで罵ったのを、多少、表現を整理したのではないかと思われるのである。
 時に、孫権皇帝は、男盛りで、文武に優れたあまた高官を率いている、といいたいのであろう。
 そのため、曹丕は実年齢より低く評価されているが、陳寿は、これを呉書の記事として妥当と考え、あえて、魏帝に相応しい形容に修正していないのである。いや、問題は、孫権の「曹丕若造」観なので、字句置き換えでは対応出来ないのである。

 結論として、曹丕用例は、倭人伝編纂時の「年長大」の字義解釈に利用出来ない。

 以上は、「曹丕用例」を卑弥呼の「年長大」を理解する参考にしてはならないと言うものである。

 古田氏は、資料の原文テキストを尊重することを信条としていたから、生前、以上の素人論議を耳にしていたら、一笑に付されただろうが、当方の議論は、それなりの根拠があり、容易に否定できないと信じているのである。

この項完

« 倭人伝「長大」論 総決算 1 曹丕用例批判 1-1 | トップページ | 倭人伝「長大」論 総決算 2 曹丕用例批判 2-1 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝「長大」論 総決算 1 曹丕用例批判 1-2:

« 倭人伝「長大」論 総決算 1 曹丕用例批判 1-1 | トップページ | 倭人伝「長大」論 総決算 2 曹丕用例批判 2-1 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ