« 倭人伝「長大」論 総決算 4 資料編 3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞「リベンジをかけて」「挑」むとの妄言 »

2017年8月23日 (水)

倭人伝「長大」論 総決算 4 資料編 4

                    2017/08/23

 以下二件は、若干年代にズレがあるかも知れないが、参考用例としたい。

七.晉書 愍懷太子伝
 愍懷太子遹,字熙祖,惠帝長子也。謝才人所生,少而聰慧,惠帝即位,立為皇太子,年轉長大而不好學,喜與左右嬉戲,不能尊敬保傅,敬狎賓友,賈后素忌太子有佳譽

(私訳)愍懷太子遹は、恵帝の長子、唯一の男子であった。生母は謝才人であった。子供の時は、賢いと評判であり、父恵帝の即位後、皇太子に立てられたが、賈皇后と不和であり、成人となってから(年転長大)学問を好まず、取り巻きと悪ふざけばかりで、尊敬を失っていった。

八.通典 刑法六 「決斷」
 後漢鍾離意為會稽郡北部督郵。有烏程男子孫常,與弟並分居,各得田十頃。並死,歲饑,常稍稍以米粟給並妻子,輒追計直作券,沒取其田。
 並兒長大,訟常。掾史議,皆曰:「孫並兒遭餓,賴常升合,長大成人,而更爭訟,非順遜也。」
 意獨曰:「常身為父遺,當撫孤弱,是人道正義;而稍以升合,券取其田,懷挾姦路,貪利忘義。並妻子雖以田與常,困迫之至,非私家也。請奪常田,畀並妻子。」眾議為允。

(私訳)後漢の鐘離意が会稽郡北部の督郵であった時、烏程県に孫常と言う名の(成人)男子がいて、弟の並とともに、それぞれ十頃の耕作地を得て分居していた。(同居はしていなかった)
 孫並が死んだ後、不作の年に、孫常は、弟孫並の妻子に多少の米穀類を与えたが、その後、直作券(地券)を操作して、孫並の遺した耕作地を奪ってしまった。
 並の子は年長ずるに及んで孫常を告訴した。掾史の議に皆は言った。
「孫並の子は、餓えた時に伯父孫常に穀物の世話になったのに、年長じて成人になって、伯父を訴訟するのは、不遜ではないか」

 意督郵は、一人反論した。
 「孫常が、弟の残した妻子(寡婦と遺児)を飢えから救ったのは、人の道、正義にしたがったものであるが、弟の残した土地を地券を操作して我が物にしたのは許しがたい。土地を妻子の元に返させるものである。」
 衆議はそのようになった。

ここでは、読者が「長大」の語彙を読み取り損ねないように、世人の発言として、「長大成人」と同意語を重ねている。どうやら、「長大」という言葉は、日常の言葉としては、次第に廃れつつあったようである。

 当方は、通典記事には、編纂時点の時代観、歴史観が反映しているようなので、必ずしも、原史料の言葉遣いが、忠実に収録されているとは見ないのである。とは言え、後漢代の判例を収録したのであるから、言葉遣いの大要は変わっていないと見える。
 いずれにしろ、当時、土地耕作の権利は、父親から息子に伝えられるものであるから、本来、継嗣が取得すべきであるが、それでは、後家さんと子供では、与えられた土地の耕作できず、収穫の貢納ができないから、権利を剥奪されかねないところ、伯父が土地を預かって耕作し、収穫を分け与えたとのことである。その限り、特に不当ではないようだ。
 問題になったのは、継嗣が成人して、自立して耕作できるようになっても、土地の権利を帰さなかったので、不当だと言っているのである。土地を預かっている間、伯父は、母子に代わって人手をかけたとは言え、得られた収穫のかなりの部分を我が物にしていたと思われるから、特に謝礼に及ばないと見たものだろう。雇い人扱いでは、妻帯は覚束ないと見たのであろうか。
 国家の役目は、人々の諍いを和解させることにあり、関係者の言い分を聞き取った上で、掾史が審議し、告訴は却下されかけたが、督郵の地位にあった鐘離意が、告訴を指示する裁定を下し、掾史が参道したということである。その際、過去の判例として参照する目的で、各地から多数の「決断」が集積されていたということである。
 本件は、刑法とは言え、今日で言えば、民事のように見える。

 用例評価という事で言うと、此の際の「長大成人」は、まずは、二十歳程度であろうと思われるのである。

以上

« 倭人伝「長大」論 総決算 4 資料編 3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞「リベンジをかけて」「挑」むとの妄言 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝「長大」論 総決算 4 資料編 4:

« 倭人伝「長大」論 総決算 4 資料編 3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞「リベンジをかけて」「挑」むとの妄言 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ