« 今日の躓き石 「友好的」なプロ野球風景 NHKBSにも蔓延 | トップページ | 今日の躓き石 サッカー界の不出来な談話「メンタル」頼り 続報 »

2017年9月13日 (水)

今日の躓き石 サッカー界の不出来な談話「メンタル」頼り

                            2017/09/13
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊第13版スポーツ面のサッカー記事である。

 アジアCL準々決勝第二試合の前評判記事なのだが、第一戦アウェーで1-3と敗れて、素人目にもかなり不利な状態におかれた監督の談話だから、調子の良いことを言いにくいのはわかるのだが、「サッカーは何が起きるかわからない。メンタルが大事」とある。

 これでは、談話になっていない片言であり、それを淡々と報道する担当記者の意図も測りがたい。「何が起きるかわからない」とは、神がかり頼みなのだろうか。
 そもそも、実人生は、何が起きるかわからないのであり、どんなスポーツでも、大逆転は、一応あり得ることである。

 続いて口をついたのは、「メンタル」と片言であるから、ますます、監督の意図がわからない。
 お隣のプロ野球記事では、勝敗いずれの監督の談話も、一般読者に趣旨が伝わるように丁寧に語られているが、あるいは、広報担当の努力なのかも知れない。
 一方、一流のプロスポーツなのに、サッカーでは、素人には意味のとれない片言言葉の飛び交う監督談話しか聞けないのは、なぜなのだろうか。

 真意を推察したくても、「メンタル」に続く言葉が端折られているから、一段と意味がわからないのである。片言のこども言葉では、選手や同僚とのやりとりはともかく、世間一般とのコミュニケーションはできないと思う。

 仕方ないので、勝手に思いつきを書き散らすと、負けん気を保つ、と言う意味なのか、相手の出方を深く読んで、裏をかいていくという意味なのか、勝つに決まっている、と楽観すると言う意味なのか、何を考えろと指示しているのか、監督の意図が読者に伝わらないのでは記事に意味が無い。

 記者は、監督談話にあきらめていないと付け足して、要は、試合が終わるまでは諦めない、との端的な意味と理解したのだろうが、そうなら、なぜ、聞き返さなかったのだろうか。そうした地道な取材が、報道の基本だと思うのである。

 付け足すように、戦力確認とかで字数を稼いでいるが、2点、3点の点差を付けて勝つしかない状況で、一段と攻撃的なプレーをするのは当たり前であり、持ち味発揮も何もあったものではない。そうした、当たり前のことを書くために、監督談話を端折ったのだろうか。
 それにしても、両者合わせて、プロとして、ファンにこころざしを詳しく伝える努力が欠けているのではないか。

 と言うものの、相手の監督も大した意味のあることを語っていない。「シンプルに勝ちを目指して戦う」と、むしろ淡々と語っていて、そりゃ、油断せずに、普通に勝ちに行くだけで良いのだから、そういうものだろう。まして、相手はJリーグでよくわかっているから、各選手に気負いも油断もないだろう。有利な側として、当然である。

以上

« 今日の躓き石 「友好的」なプロ野球風景 NHKBSにも蔓延 | トップページ | 今日の躓き石 サッカー界の不出来な談話「メンタル」頼り 続報 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 サッカー界の不出来な談話「メンタル」頼り:

« 今日の躓き石 「友好的」なプロ野球風景 NHKBSにも蔓延 | トップページ | 今日の躓き石 サッカー界の不出来な談話「メンタル」頼り 続報 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ