« 「今どきの歴史」 第二回を巡って 5/7 | トップページ | 「今どきの歴史」 第二回を巡って 7/7 »

2017年10月23日 (月)

「今どきの歴史」 第二回を巡って 6/7

        私の見立て★★★☆                2017/10/23

*単身移住の可能性

 もっとも、馬の成育と新天地への展開とは別に、本家たる北部九州から、直接、それこそ最東端のこの地に移住したとの推測は、一応可能だが、少なくとも、多くの馬を、数世代分の移住先を飛び越えて移動させることは不可能というものだろう。

*技術の担い手
 「技術」と簡単に言うが、この技術は一人歩きするものではないし、技術者が持って移動できるものでもない、馬と馬を育てる大地、即ち、牧草地が必要なのである。

 馬は連れて行けるが、無理なく連れて行ける範囲は限られる。

 牧草地は、誰かが偵察に行って、探すしかない。


 そして、馬飼は、多くのものが、手分けして、そして、ともに、途方もない力を尽くさなければならない。何か、安直な必勝法があって、それを読めば、だれでもできるものではない。

 以上、別に馬を飼い育てた経験はなく、まして、馬を引き連れて移動した経験もないから、全て、後世の素人の推量であるが、こうした着実な成り行きしか考えられないのである。

*地方社会の怪
 そこで、またまた、時代錯誤の言葉遣いが出て来るのだが、古墳時代の「地方社会」というのは、中央政権が集権的なものとして存在し、権威を届かせていたという仮定に基づくようである。

 しかし、当時の住民にとっては、ここが我がくにであり、よろい武者が我がきみだったのではないか。見たことも聞いたこともない、行ったという人もいないような無限の彼方のことなど、思いはしなかったであろう。

*未知の光景の怪
 その後に「未知の光景」などと時間空間錯誤の「たわごと」があるが、担当記者の独りよがりの幻視は「勝手」にして、まじめな読者に、「勝手」な妄想を押しつけないで欲しいものである。
 担当記者は、「眼前の光景」に陶酔しているかも知れないが、その光景は、当人の脳内のものであって眼前と錯覚していても、他人には一切見えないのである。
                                                未完

« 「今どきの歴史」 第二回を巡って 5/7 | トップページ | 「今どきの歴史」 第二回を巡って 7/7 »

毎日新聞 歴史記事批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「今どきの歴史」 第二回を巡って 6/7:

« 「今どきの歴史」 第二回を巡って 5/7 | トップページ | 「今どきの歴史」 第二回を巡って 7/7 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ