« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月22日 (水)

今日の躓き石 彼岸に送られる大型新人 超新星

                      2017/11/22
 今回の題材は、毎日新聞夕刊の将棋欄である。
 いや、ここで葬送曲を奏でられているのは、両対局者ではなく、目下最大の輝きを放っている大型新人である。

 観戦記のついでに、「超新星」なる冠をかぶせられているが、これは、葬送のいばらの冠である。それは、この言葉の由来を尋ねれば、直ぐわかる。

 超新星とは、老いた恒星が、数十億年という星の一生の最後の最後に放つ一瞬のまばゆい光芒である。一瞬というのは、数十億年に比べての事だが、なにしろ、星全体が、あるいは光や熱に変わり、あるいは、蒸散して飛散するのであるから、長続きしないことは明白である。
 そして、後に残るのは、燃えかすかブラックホールである。
 当世風に言えば、「レジェンド」、生ける骨董品である。

 折角の大型新人に、そのような無残な呼び名をかぶせて良いものだろうか。

 所詮、将棋の観戦記は、世界の片隅の、特定の少数が見るものであるが、だからといって、全国紙の紙面に載せて良い言葉とは思えない。観戦記といえども、商用著作物なのだから、使う言葉は、普通以上の吟味、つまり、ちゃんと咀嚼して味わった上で、客に出して欲しいものである。

 当方のブログは、素人の無償の暇つぶしであり、公開していても閑として散という状態で、書いても、読む人もいないのは見えているが、それでも、精一杯書いているのである。

 せいぜい、プロの物書きは、言葉の拾い食いは辞めて自分として責任の持てる言葉を使って欲しいものである。

 因みに、これは、観戦記者のせいではないのだが、夕刊をみると、とんでもない幼児語が見出しにでていて、呆れるのである。

 一国の国の大統領が辞任しても、世界の歴史の流れは小揺るぎもしないし、当の大統領が過去に成した行いは、消えて無くなるわけでもない

 歴史は変わらない、悠久不変だという、それこそ不変の真理が、全国紙の紙面で踏みにじられているのを見るのは、情けないものである。人生、歴史の大安売り、押し売りは、ご勘弁いただきたい。

 観戦記者も、観戦記のちょっとした書き間違いで、ここでお説教されるのにとどまっていれば、むしろ幸せである。

 歴史が変わったなどと、荒唐無稽の小児語彙をまき散らして、世の心ある人の誹りを浴びるよりは、随分ましなのである。

以上
 

2017年11月20日 (月)

「今どきの歴史」 第三回を巡って 今どきの政治小説 古代史ロマンの書

          私の見立て☆☆☆☆☆               2017/11/20

今どきの歴史
 『神話と天皇』古代史家・大山誠一氏刊行 天皇制、藤原氏のため?

 毎日新聞夕刊文化面の月一(とは書いていないが)読み物「今どきの歴史」第三回は、書評というか、書籍紹介となっている。

 内容は、だから、基本的に原著者の記述の引用なので、担当記者の責任ではないが、全国紙の署名記事であるので、文責は署名した記者として批判しておく。原著を購入する気はないので、記事批判とするものである。

*史学書。それとも、政治小説

 まず、当記事は、『神話と天皇』を大山誠一氏が刊行したと言うが、普通、このようなとき言う刊行者は、平凡社ではないのだろうか。平凡社の見識はどうなっているのか。不思議である。

 また、書評の対象は、「天皇制とは「藤原氏が永続的に国家の実権を握るため、藤原不比等がつくった制度」と定義する」「本」となっていて、独自に言葉を定義する「意欲作」とあるので、学術論説でなく、作文、創作と見るべきなのだろうか。

*粗雑な史料批判
 次の段落からは、原著者の言い分の紹介のようであるが、学術論文であれば、「史料批判」で欠点だらけのように思う。

 例えば、日本書紀(720年成立)と断定しているが、日本書紀の原本は存在しないから、幾度も写本、追記、改訂のなされた何れかの現存写本をもとに書かれたのだろうが、議論の根幹を明らかにしないのは不用意であろう。

*現実錯視
 と言うことで、「事実」、「現実」と独善的な言い方が目に付くが、何の根拠も示さないでは、千数百年前の事実や現実が、どうしてわかるのだろうかと疑問が湧く。いや、原著者が確たる史料と確信したとしても、それは、専門家の仲間内の意見であって、一般の現代人がそのまま受け止められる物ではないのではないかと懸念する。

 と言うことで、要所で規範とされている「現実」、「事実」の根拠は、書籍/毎日新聞紙を購入した読者だけでなく、ここで、紹介を読まされている購読者が、自身で検証できるように、明確にすべきであろう。

 それとも、「日本古代史」学会とは、各論者が勝手に「事実」、「現実」と個人(複数者も含む)的な意見を言い立てて、それで済む学会なのだろうか。批判なき身内びいきで済むのなら、また一つの岩盤かとも思える。

続きを読む "「今どきの歴史」 第三回を巡って 今どきの政治小説 古代史ロマンの書" »

2017年11月18日 (土)

今日の躓き石 洋画音楽料 「買い叩き」の歴史の衝撃

                         2017/11/18
 今回の題材は、毎日新聞大阪夕刊第三版、一面トップの記事である。

 いや、見出し以下の記事に賛成なら、なにも躓かないのだが、この扱いには、どうにも、首を傾げるのである。
 「タイタニック」18万円→5億円と大書しているが、記事を読むと、どうも、「衝撃」などとかき立てるのは、全国紙とも思えない勘違いの「フェイクニュース」と思える。

 いや、数字に間違いはないのだが、記事の流れが、支払い側の「不合理」な言い分を受け売りしていて、素人目にも、どうにもおかしいのである。

 音楽著作物の使用料として、興行収入の2パーセントというのは、映画音楽の魅力と比べると、むしろ控えめであり、著作者にとって、決して無理な請求ではないように思えるのである。

 例示されているのは、100億円を超える事例であり、損失を出しているとは思えないので、興収の2パーセント程度は、当然負担すべきと思う。

 因みに、現行の使用料18万円は、タイタニックの興行収入262億円に対して0.00069パーセントであり、余りの低率にいじめとも思える買い叩きを見るのである。

 見出しは、概算計算で262億円の2パーセントを5億円としているが、記事中の表にあるように、実際は、5.24億円であり、差額2400万円は、現行の18万円を遙かに超えているのである。
 しつこく突っ込むと、興収の262億円だって、実額そのものでなく、最大5千万円の四捨五入がされている概算数字と見ると、使用料で言えば、100万円がとこに相当する出入りが隠れているのである。
 18万円は、良く言う、誤差の範囲、無視される端数である

 つまり、まるで理屈が通らない、参考にならない、無意味な「フェイクデータ」で騒いでいるのである。

 それにしても、今日に至るまで、興業主は、大事な映画音楽が、ここまで冷遇されているのを、何とも思わなかったのだろうか。そんなふうに譏られないように、言い方を工夫すべきだったのではないか。

 そもそも、他の業界同様、映画産業は制作から続く協力のつながりではないのだろうか。 富めるときも貧しいときも、連帯して分かち合うべきではないのかと思う。

 つまり、興収が縮んでいるというのは、これまで(不当に)利益を得ていたからと言って、そうした既得権の岩盤を押し立てて、音楽著作物の使用料を、従来のように買い叩くことの理由にはならない。

 因みに、この記事が「フェイクニュース」と悪口を叩かれるのは、大きな被害を受けるとされている「小さな配給元」や「ヒットしない作品」のことが、ほとんど語られていないから、共感できないので、100億円超の興収を見て、金持ちのけんかに呆れているのである。
 つまり、見出しは「虚報」で、記事を読んで反対すべき理由は、一向に見当たらない。

 いずれにしろ、文句があれば、手の内を明かして、条件交渉すべきである。新聞を煽動して刃向かうべき物ではない。

 例えば、興収5千万円までは、30万円一時払い、以下、徐々に実績ベースで2パーセントの料率に近づけるとか、小規模興業が苦しいのであればあえて無償使用を認めるとか、定率が不公平というなら、公平にするものである。
 IT技術で、月々の興収に対して、迅速かつ弾力的な料率での課金も可能ではないか。

 ちなみに、使用料は、業界協力の精神からすると、利益に対して課すべきものと思うのである。

 要するに、これまで事実上「ただ乗り」して、音楽著作権者を食い物にしてきたのは、業界ぐるみの悪習であり、見識の求められる全国紙が擁護すべき物ではないと思うのである。

 因みに、当方は、米国映画産業の見方というわけではない。TPPで持ち込もうとしている著作権有効期間の延長には、断固反対である。
 それは、貧者の権利保護でなく、富裕者の横暴と思うからである。

以上

2017年11月12日 (日)

今日の躓き石 毎日新聞サッカー報道の嘘 「メンタル」

                        2017/11/12
 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊第12版のブラジル戦戦評である。

 大見出しは、至って堅実に「日本 心技に課題」とまとめているが、中見出しは「本気ブラジルに挑みたかった」と意味不明である。掲げられた願望が裏切られたのか、実現したのか、両様に読めるのは、見出しとして不用意であるが、まあ、大したことではない。

 問題は、監督談話として、選手の「メンタル」に満足していないと報道していることにある。前後にいろいろ書かれているが、それは、選手のコメントや記者の意見であるから、監督の一言に比べたら、意義は随分低いと見るものである。

 
監督は、カタカナ語まじりの日本語で話すはずはないので、協会通訳が無能なのか、記者の創作なのか、重大な誤報、フェイクニュースとしか言いようがない。
 不適切なカタカナ語の害
はつとに知られているが、一方で、こうして全国紙が害毒を広げていては、解消するはずがない。

 元に戻って、なにが問題かというと、「メンタル」なるカタカナ語は、正統な英語の翻訳でなく、業界の勝手な言い方であり、一般人にはその意味が理解されないから、監督の意図が伝わらない、あるいは、誤解されるのである。これは、報道ではない。直後の報道でなく、推敲と校閲を経ているはずだから、一段と重症である。
 記者が、監督に悪意をいだいて、カタカナコメントで、国民を馬鹿にしていると思わせているのかと疑わさせる。

 もし、協会通訳が無能で、正確な日本語にできていないのだとしたら、報道を担当するものとして、不適切な言葉遣いを指摘すべきである。
 ということで、依然として、スポーツ界の一部に染みついている子供じみた言葉遣いと報道人のそれに対する同調が痛々しいのである。

 ところで、監督は、選手が[いじけている]と感じたのか、[相手を馬鹿にしている]と感じたのか、[考えなしに動いている]というのか、なにを問題視しているのか、一向にわからない。報道として大事なのは、そこを適確に読者に伝えることではないのだろうか。

 通訳を介してしか意志を伝えられないのだから、監督は、言いっぱなしでなく、通訳の言葉遣いを正す責任があるのではないか。厚遇されている代表監督だから、そこまで思うのである。これは、失言ではないが、失態であると思う。

以上

2017年11月 1日 (水)

今日の躓き石 癒やされないNHKBS-1のリベンジ病

                    2017/11/01
 今回の題材は、時々お世話になるNHK BS-1のWorld Sports MLBなる番組である。

 といっても、解説も、キャスターも、聞く限り暴言を吐いていない。問題なのは、お調子者のナレーターである。と言って、NHKに責任がないわけではない。何とか、失言多発の問題児を治療して欲しいのである。

 現に、解説も、キャスターも、同じ場面を語るときに、こんなひどい失言はしていない。加えて、現地レボーターは、大ベテランだから、つまらない言い間違いはしないというものである。

 というものの、失言の数と言えば、一番できの悪い奴の失言も「一回」である。連帯責任で気の毒だが、番組としての失態と言いたい。

 それにしても、前回登板時にホームランを打たれた相手と対戦して、リベンジできるか、とは、どうも、流行語にうといのだろう。今や、『やり返す』という意味でリベンジを使うのは、少数派なのである。

 いや、言葉として忌まわしい言葉なので、禁句にしようというのは、話し手の意図は関係ない。

 一度、山寺にこもって、浮世の罪過、失言の数々を洗い流してもらったらどうだろう。いや、坊主になれと言いたいが、顔が出ない名無しの黒子だから、頭がどうか見えないのである。

以上

 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ