« 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 4/6 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 6/6 »

2017年12月18日 (月)

私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 5/6

 塩田泰弘 魏志が辿った邪馬台国への径と国々

         私の見立て★★★★☆      2017/12/18

*地方里制宣言
 史官は、帯方・狗邪間が七千餘里と基準が明示されているので、定義として十分と判断したのである。
 大局として、魏、呉、蜀三志は、それぞれの権力の度量衡と暦制で書かれ、統一されてないのである。

*倭人伝里制
 魏志における東夷伝・倭人伝の位置付けを見ると、公孫氏政権の支配下で、中央政権である後漢朝や魏朝と異なった度量衡と暦制を採用したかも知れない帯方郡が記述した東夷伝は、わざわざ序文を付して魏志本文と区分し、一種、独立した著作として編纂し、過度の統一はしなかったのである。
 まさか、当ブログの読者諸氏は、陳寿が、現地調査しないで誤記を見逃してけしからんとか言わないと思うが、世間には陳寿が海上移動に無知だとか、勝手に里数を換算したと罵倒する人もいるようである。
 いやはや、どんな人であろうと思い至らないことはあり、それを冷静に指摘する人がいなければ、その人は進歩の機会を奪われたことになるのである。

*魏使の本分
 ちなみに、当方の見る限り、「魏使」の実態は、帯方郡役人だったことは念頭に置いて頂きたい。初見のように書いても、訪問済みの可能性がある。
 三度の渡海を一律一千餘里と書いたのも、書記役の実務として記録をすっきりさせたものであり、上陸後行程も、「魏使」に自明の点は簡略化されて、よそ目に判じがたくなっている可能性がある。

*書かれざる数字
 その中には、伊都国すら把握できていない諸小国への道里があり、これは、あえて、里数を要求しなかったとも考えられるのである。
 案ずるに、数字の報告を強要しても、その意図のわからないままに、出任せの数字が来る可能性が高いと見たかも知れない。

未完

« 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 4/6 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 6/6 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 5/6:

« 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 4/6 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 6/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ