« 私の本棚 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 2-2/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり! 「女王・卑弥呼の正体」 1/4 »

2017年12月25日 (月)

私の本棚 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 2-3/3

卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す PHP新書 2015/1/16
      私の見立て★☆☆☆☆   2017/12/25

*洛陽井蛙の海洋観
 因みに、前漢を嗣いだ王莽を打倒した反乱の嚆矢となった赤眉の首謀者は、山東琅邪の海の者であったようだが、後漢創業者の光武帝劉秀は内陸人で、特に海好きではなかったようである。
 蛙の子は蛙である。

*語義変遷
 たかが、「海」と「路」と二文字の話であるが、古代と現在の世界観の違いを露呈するものである。世界観が違えば、同じ文字を使っても意味が違うのである。
 古代史論では、丁寧な用語校正が望まれるのである。

*海洋観概観
 さて、世上で信奉されている中国史書の用語観であるが、上に示唆しているように、中原の用語観は、各地方にそのまま適用されるものではないはずである。
 一方、三国志に先行する史書は、中原用語で書かれていたのであるから、海に関する語彙が貧弱で偏っていることは自然な成り行きである。

*帯方郡海洋観

 気になるのは倭人伝に示されている帯方郡書記の海洋観である。帯方郡の統治領域、今日で言う朝鮮半島中南部は、東西、南の三方を海に囲まれていた。その現実的な海洋観は東夷伝の韓伝記事からもうかがえる。
 狗邪韓国からの行程で、三度海を渡るが、ひと絡げに東海などと言わず、一海、翰海、一海と言い換えている。つまり、狭い海峡を川の支流と同様に三海に見分けていたのである。海嫌いの中原人の意見ではない。
 海峡中央部の対海国<>一支国の区間は、前後の区間と比べて流速が速いはずであり、その上、目的地は小島であるから狙う的が小さく、とびきりの難所と感じたはずである。それが、特別扱いに現れているようである。
 そのように、倭人伝の海洋観は、実際に往来していた帯方郡と倭国のものである。かくのごとく、環境が違うから言葉も違うのである。

 再度言うが、古代史について論じる時は、丁寧な用語校正が望まれるのである。

              多分今度こそ  完

« 私の本棚 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 2-2/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり! 「女王・卑弥呼の正体」 1/4 »

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の本棚 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 2-3/3:

« 私の本棚 長野正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 2-2/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり! 「女王・卑弥呼の正体」 1/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ