« 今日の躓き石 毎日新聞の堕落極まる 一面見出しの「リベンジ」 | トップページ | 今日の躓き石 万能選手を褒めない「オールラウンダー」共同―毎日 »

2017年12月 3日 (日)

今日の躓き石 宮本氏のサッカー談義 一点の曇り

                      2017/12/03
 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊13版スポーツ面の宮本恒靖氏のコラムである。

 ここで言いたいことは、もちろん、サッカー技術論でなく、言葉遣いであるが、ちゃんと全部読んだ証拠に、感想をまず述べる。

 そうは書かれていないが、見出しで感じるのは、ワールドカップ予選リーグを勝ち抜くポイントとして、セネガルを倒すことが、最重点と見ているようである。
 並みいる強敵にもつけいる隙はあるはずだが、ギリギリ、一勝二分けでどうにか勝ち抜けないかという見方のように見えた。つまり、初戦を勝てと喚くのでなく、引き分けでも良いが、セネガルには勝たねばならない、三試合で勝ち点5を確保するのが最低線だと、勝手に読んだのである。

 この点、宮本氏は、新聞記者の素人論者でなく、指導者を務めるプロなので、書く言葉に責任と重みがあるから、最初から土俵際の徳俵に退いた書き方はしていないから、以上は、一読者が勝手に喚いているだけだから、無視して頂いて結構である。

 さて、この記事で唯一気になるのは、「セネガルのフィジカルの強いセンターバック」と言う表現である。
 宮本氏の辞書では「フィジカル」とは、強弱を言っているから、「フィジカルコンタクト」、つまり、セーターバックの「当たり」の事ときっちり決まっているようである。

 しかし、スポーツ界で「フィジカル」の意味は各人各様でバラバラであり、サッカー界に限っても、結構好きなように使われているので、しばらく前後関係を確認しないと意味がつかめないのである。
 当ブログでは、新聞記者の使命は、現場で起きていることを家庭に、明快に伝えることだと思っているので、カタカナ語の不適切な使い方に関して、しきりにお説教してきたのである。

 因みに、前に批判した柱谷氏の場合は、カタカナ語に漢字熟語を引き合いに出して、定義めいたことを書かれていてたが、残念ながら、意味が絞れない、あるいは、絞ると取りこぼしが出る書き方であった。

 宮本恒靖氏のコラムは、カタカナ語であっても、ちょっと考えればそこに込めた意味がその場でほぼ理解できるが、それほどしっかりした意識があるのであれば、「セネガルのフィジカルコンタクトの強いセンターバック」と、素人にもわかるように全部書いて、後進に範を垂れて欲しかったものである。

 全国紙は、普通の人が読む新聞であるから、プロにわかりきった言葉でも、端折らないで欲しいのである。

以上

« 今日の躓き石 毎日新聞の堕落極まる 一面見出しの「リベンジ」 | トップページ | 今日の躓き石 万能選手を褒めない「オールラウンダー」共同―毎日 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 宮本氏のサッカー談義 一点の曇り:

« 今日の躓き石 毎日新聞の堕落極まる 一面見出しの「リベンジ」 | トップページ | 今日の躓き石 万能選手を褒めない「オールラウンダー」共同―毎日 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ