« 今日の躓き石 アメフット界+毎日新聞「リベンジ」汚染報道続く | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 1/6 »

2017年12月18日 (月)

今日の躓き石 「危機感」にみる日本語の崩壊

                                2017/12/18
 今回の題材は、何処かのメディアの失言、暴言を指摘するものではない。流行語の風潮を示したものである。

 この記事を書いたきっかけは、流通大手のトップが公の場所で、ネット通販大手の台頭に「危機感」を示したという報道である。自社の緊迫した経営環境を、トップがどのように認識しているかを、あえて表明したのであるが、それが、「..感」とお上品に表現されていて、何とも、忌々しいものと感じた。いや、誰が言ったと言うことでなく、当世風に表現されたものであろうから、個人攻撃や特定のメディアの攻撃ではない。「当世風」に対する反発である。

 同社は、眼前に立ち塞がる「危機」に直面しているのであり、これは物理的(フィジカル)な実体はないとしても、経営のプロにとっては、観念(メンタル)の産物などてはなく、情感(エモーション)の切迫でもなく、間違いなく現実の問題なので、公の場で「危機感」(怖いんです)などと澄ましていられるものではないと思うのである。
 泣きを入れて、救済を求めているのではなく、自身の闘志を示したはずである。

 メディアの常用する接尾語乱用で、語彙をぼやけさせる言葉遊びが、日本語を崩壊させ、当然、それが日本語による報道を崩壊させているのを見ている気がする。

 心ある報道者は、「感」、「的」、「意識」による粉飾を避け、実報道に徹してもらいたいものである。

 いや、訳のわからない演説をぶって、申し訳ないと思うが、これが、当方の芸風なのである。

以上

 

« 今日の躓き石 アメフット界+毎日新聞「リベンジ」汚染報道続く | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 1/6 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「危機感」にみる日本語の崩壊:

« 今日の躓き石 アメフット界+毎日新聞「リベンジ」汚染報道続く | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 131号 私の古代史論 1/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ