« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月23日 (月)

今日の躓き石 暴走に関する苦言 法の精神(正義)はどこに

                      2018/04/23
 今回の題材は、新聞の誤記とか言うものでなく、司法界の心得違いを問うものである。
 
 一例では、無免許運転で暴走していた車が死亡事故を起こしたのに対して、無免許運転で事故を起こさず走行してきたから、運転者の技量は十分であったと判断するという論法である。
 
 当時すぐに思いついた反論があったのだが、司法関係者が判断すべき事項であり、やじうま的な議論は控えたのだが、六年を経て、どこからもそのような異議が出ていないようなので、当方の素人考えをここに公開する。
 
 被告は、無免許運転の暴走という違法行為の果てに死亡事故を起こしたのであるから、被告は、事故を起こす以前から無免許運転という違法行為をしていたのである。そのような違法行為の結果を、被告に対して有利に援用するのは、法の精神、つまり、正義に反しているので、証拠として採用すべきではないと考える。
 
 誰が考えても、被告の違法な無免許運転は、たまたま、事故を起こさなかったと言う「結果オーライ」なだけで、技術未熟な、あるいは、違法で危険な運転をしていなかったという証拠は無いのである。一定時間走行して事故が起きなければ、運転者の技量を認定するのであれば、現行の運転免許試験は、無意味と言われかねない。
 
 それとも、権威ある第三者の見解で、運転者の技量を称する基準として、そのように証言されたのであろうか。
 
 裁判の基本は、推定無題であるが、証拠を悉く被告に有利に判定するというのでは、法の精神は地に墜ちると言わねばならない。
 あるいは、被告が、正統な裁きを受けて、受刑し、自身が犯した罪を償う機会を奪うものと言うこともできる。まことに不公正ではないか。被告は、終生、巧妙な言い逃れで、自身の犯した罪の報いを免れた卑劣漢と指弾され続ける軛を負い続けるのである。
 
 弁護人は、自身の功名を追究するのではなく、被告の全き贖罪を追究すべきではないかと思う。
 
 以上の通り、いずれの立場から見ても、被告が違法状態で成した違法行為の結果は、被告に有利な証拠として採用してはならないと考えるものである。
 
 言うまでもないが、当方は、いかなる権威も持たない私人であるから、以上に述べた見解が、法的に正しいと主張するものではない。
 
以上

2018年4月 8日 (日)

今日の躓き石 毎日新聞の汚点 スポーツ面に「リベンジ」絶えない醜態

                  2018/04/08
 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊第13版のスポーツ面のプロ野球記事である。
 好成績(結果)を収めながら、余計者として放出された選手が、独立リーグで再起への出発を飾ったという、大変結構な記事なのだが、何としたことか、「リベンジ始動」と、この上なく汚い言葉で見出しを付けられては、前途は険しいと思う。

 おそらく、プロ球界への復帰を期しているのだろうが、こう大々的に恨み言を書かれると、この選手を自チームに迎えるのは、当該球団の扱いを不当とし、選手の復讐心に加担することになるので、とても採用に乗り出せないのではないか。
 当人がそのような不穏な発言をしたとしたら、自身で、球界復帰の道を閉ざしたことになる。(「球団」とは、プロ野球のものであり、「球界」とは、プロ野球界のことである。)

 毎日新聞は、この選手の未来を呪う、球界への復帰の可能性を断つ記事を書いたことになる。

 それにしても、輝かしい伝統を持つ全国紙である毎日新聞での「リベンジ」の蔓延には、情けないものがある。

 スポーツ選手は、単なる向上心では刺激が足りず、なにか激烈に闘志をかき立てる呪文が必要のようだが、スポーツの上でのライバルに対して、ぶっ殺してやるとか、血祭りだとか、とんでもない言葉を言い立てないと「モチベーション」が保てず、力を尽くせないのだとしたら、いさぎよく、スポーツ界を去るべきである。

 ついでに言うと、当記事の担当記者は、趣旨不明にしているが、現在の若者言葉では、「リベンジ」は、血塗られたものでなく、生ぬるく見える「再挑戦」、「リチャレンジ」が大勢のようである。

 一つのカタカナ言葉として、英語直訳の第一義すら、理解困難として一般読者を困らせているのに、それと見分けの付かない第二義を紛れ込ませるのは、報道の大義に背く、不適切なものである。簡単に言うと、言いたいことは、読者に明解に伝わるように、しっかり書くものではないのかということである。
 オヤジ好みの不穏な「リベンジ」を、ぶち殺して駆逐したいのであれば、言いっぱなしにするのではなく、その場で補足すべきなのである。

 それにしても、リベンジを期する、とは、どんな意図で書いたのだろうか。当人は、俺の実力を見ろ、採用すれば、即チームの力になる、ことを示したいのではないか。それであれば、他球団にけんかを売るものではないから、採用に動くチームもあるかも知れない。最初に書いたように、「リベンジ」報道は、未来に暗雲を投げかけている。困ったものである。

 最後になるが、天下の毎日新聞には、このような不出来な記事を是正する編集機能はないのだろうか。
 担当記者が書き散らしたものが紙面に蔓延するのであれば、もはや、フェイクニュースへの歯止めも、ないということであり、組織として権威を期待される大新聞も、組織が機能しないということであり、組織として、報道の頂点から退陣すべき時が近づいていると懸念されるのである。

以上

2018年4月 4日 (水)

動画撮影記  東北の春 内陸線 阿仁河川公園 桜満開

 どうも、当方は、内陸線ブログへのコメント投稿を禁止されているようなので、ここに勝手に載せます。
 年に一度程度しか行けない大阪人ですが、秋田内陸線沿線の桜と言えば、阿仁合の河川公園の桜並木は、なかなかの絶景だと思います。(角館は除くとして)

 YouTubeで2,014年の阿仁河川公園の桜満開時の眺めを公開していますので、ご参考まで。

 なお、阿仁河川公園に行くには、阿仁合駅で途中下車し、駅舎を出て直ぐ左に行くと、河川公園に通じる用水路沿いの路に降りる案内板が出ているはずです。(のんびり、一時間程度欲しいところです)

 ブログコメントには、URLは載せられないので、下の部分を検索して見つけてください。

 10分ものになっていますが、特にオチはないので、どこかで再生を切ってもらって結構です。
以上

 それにしても、訳のわからない、つまり、明記されていないコメント投稿禁止ルールがあるのは、何とも情けないものです。

2018年4月 2日 (月)

今日の躓き石 NHKの暴言 「歴史を変える」を憂う

                   2018/04/02
 今回の題材は、NHK News Watch 9の暴言である。
 いや、スポーツの部分ではあるが、公共放送の看板番組で、正しかるべきNHKのキャスター(複数)から、「歴史を変える」との発言かなされたのである。ことは、無教養な民間人の無礼な言動ではない。

 真面目な話、一般的な解釈で、歴史とは過去に実際に起こったことであり、厳にi確定していて、当然、一切変えることはできないのである。少なくとも、日本語ではそうである。

 逆に、変えられない歴史を書き換える試みは、「歴史改竄」として、厳しい非難を浴びているのである。

 もし、NHKが、「歴史」は書き換えられる(べき)ものと認識しているのであれば、近来のように、なし崩しに既定事実としてもり立てるのではなく、公式に表明するべきであるが、それは、政府の方針と合致しているのだろうか。
 意地悪く言えば、政府が、歴史は随時書き換える(べき)もの、と言う認識を持っているのを忖度して、公共放送として、それに沿った発言をしているのだろうか。まことに、まことに不気味である。

 そうそう、じゃあどう言えば良いのかであるが、当たり前のことながら、「歴史に新たなページを付け加える」、とか、「記録を塗り替える」とか、普通の言い方をすれば良いのである。強調するために、いきなり既成の言葉遣いを壊すのは、もの知らずの野蛮人である、と個人的に信ずるものである。
以上

今日の躓き石 デジカメセンサー解像度の錯乱

                      2018/04/02
 今回の題材は、やじうまPC Watchの記事である。

 タイトル自体が、なんとなく意味不明で、何の話か伝わらないのだが、また、いきなり「CMOSセンサー「120MXS」の実写映像」と言うが、CMOSセンサーの実写映像など、動画としても、見ても面白くも何ともないので、画像配信で良いのではないか、などと思ってしまう。考え直して、「の動画」を取ってしまえば、タイトルとしては明解になるのではないか。

 それはさておき、「120MXSは、有効解像度13,280×9,184ピクセルという、フルHD(1,920×1,080ドット)の約60倍に相当する解像度を備えた超高解像度のCMOSセンサーで、同社は2010年に開発の成功を発表している」と打ち出しているが、「約60倍に相当する解像度」と言うのが、とんでもない誤報だと思うのである。

 細かいことは抜きにすると、解像度とは、撮影画像の水平、垂直方向の直線方向で、1インチ当たり何本の線が見分けられるかという単位である。

 それにしても、JPEGなどのデータは、圧縮によって、解像度が低下するので、センサーの解像度の実力評価は難しいと思うのであるが、動画となると、さらに圧縮がかかるので、公平な比較は可能であろうか。もちろん、無圧縮であれば、正確な解像度が評価できるが、これほどの「ど」のつくでかいデータが完全無圧縮で記録できるのだろうか。

 解像度が60倍と言うことは、面で言うと、3600倍のデータが読み取れると言うことであり、途方もない超絶技術だが、それは、途方もない考え違いではないか。3600倍のデータが出力されたら、動画をメディアに記録することなどできないであろう。記事を見ただけで、すぐおかしいと思うのである。いや、メディアに記録するとして、どんな規格によって、どんなフォーマットで圧縮記録するのだろうか。再生機器はあるのだろうか。

 参照されている記事には、当然、そんな途方もない「解像度」は書かれていないから、この数字は、当記事のライター、つまり、カメラ素人の創作なのだろうが、誰も、解像度の意味を教えてくれなかったのだろうか。

 因みに、2010年の開発発表報道は、デジカメウォッチで報道されていて、「新開発のCMOSセンサーは、EOS-1D Mark IVに搭載しているセンサーの約7.5倍となる約1億2,000万画素を有しており、解像度が2.4倍に向上したという。」と、発表内容に沿っていて、創作していない。

 専門知識に欠けたライターの素人考えが、誰も確認しないままに、公開されるのであれば、当サイトの記事には、誤報が避けられないと思うのである。(現在、過去、未来通じて)

 以上、個人経営プログの素人の勝手な言い分なので、勘違いしていたらご容赦いただきたい。
以上

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ