« 倭人伝の散歩道 番外 吉野離宮 毎日新聞報道紹介 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞 今どきの歴史 駅の見えない駅前広場 »

2018年5月17日 (木)

今日の躓き石 「傷口に塩」の無残な例え 毎日新聞相撲評

                          2018/05/17
 本日の題材は、毎日新聞大阪第13版相撲欄の松鳳山記事である。
 
 とうの松鳳山の性格は知らないが、四才のこどもから「パパ残念だったね」と言われて、傷口に塩を塗られたような、堪えがたい苦痛を感じるようなひ弱な感性の持ち主なのだろうか。いわゆる「メンタル」ケアが必要ではないか。

 いや、傷口に塩を塗ると書かれているから、傷ついている人に更に痛みを与えるとは、とんでもない残酷さだろう。冗談ではすまない虐待行為と思う。

 ご不審であれば、今度切り傷、擦り傷の時に。塩を塗っていただけば、我が身の痛みで感じられるはずである。普通は、涙がにじむはずである。ついでに胡椒も振れば、万全である。
 
 いや、記者は、どんなつもりでこの記事を書いたのか、不審なのである。

 とうの子供が、今わからないとしても、いつか知って、父親をひどく痛めつけたことに気づかされて、涙する日が来るのであろうか。力士のメンタルは、一切心配しないが、子供の心配はするのである。本当に、心配である。
 
 できたら、こんなとんでもない記事は、二度と見たくないものである。
 
 また、子供の、子供らしいおもいやりの言葉に、堪えがたいほど、深く、深く傷ついた父親には、早くたくましく成長して欲しいと思うのである。
 
 そして、平和な家庭に、外部から無遠慮に不和の種を蒔く記事は、書かないで欲しいものである。
 
以上

« 倭人伝の散歩道 番外 吉野離宮 毎日新聞報道紹介 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞 今どきの歴史 駅の見えない駅前広場 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「傷口に塩」の無残な例え 毎日新聞相撲評:

« 倭人伝の散歩道 番外 吉野離宮 毎日新聞報道紹介 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞 今どきの歴史 駅の見えない駅前広場 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ