« 私の意見 毎日新聞 「今どきの歴史」 最後の脱輪 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 134号 物部氏と尾張氏の系譜(5) 1/4 »

2018年6月21日 (木)

今日の躓き石 「精神状態」を問われるW杯代表監督の悲嘆

                          2018/06/21
 今回の題材は、やや旧聞になってしまったが、サッカーW杯コロンビア戦実況放送番組の冒頭に放送された監督インタビューの冒頭の質問である。
 実見したのは、BS1での再放送であるが、質問を発したのは、公共放送NHKのアナウンサーである。もちろん、試合の結果は知らない時点である。
 
 それにしても、聞くに事欠いて「精神状態」はどうかと問い掛けられた監督は、内心、間違いなく激怒であったと思う。

 「おまえ、気は確かか?」とは、とんでもない卑劣な質問である
 インタビューアーは、研ぎ澄ました問いかけとでも思ったのだろうか。この時点で、監督は、どんな精神状態だと思って聞いたのだろうか。
 
代表監督は、国民、つまり、カメラの向こうの視聴者に直面しているから、この愚問に相手しないといけないのだが、どう言えというのか。
 これが、NHK最高の人材の最善の質問とは、信じられない。
 当方が質問されたのであれば、直ちにカメラを止めて、質問が無礼だと指摘して、インタビューを没にするところである。
 
 大体が、せいぜい、大敵を前に闘志は湧いてきましたか、とでも聞くものだろう。これに対しては、湧いていますとしか答えようがないので、聞くだけ無駄というものである。
 良くある質問だが、試合の前にどんな心境ですかと問われても、返事のしようがないのである。まさか、勝てると確信していると言わせたかったのだろうか。
 
 つくづく思うに、こんな直前インタビューなど、意味がないからやめたらどうだろうか。
 
 それにしても、代表監督とは、大敵に直面する勇気を組み立てている大事なときに、背後からの石つぶてに耐えねばならないものなのだろうか。
 
以上

« 私の意見 毎日新聞 「今どきの歴史」 最後の脱輪 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 134号 物部氏と尾張氏の系譜(5) 1/4 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「精神状態」を問われるW杯代表監督の悲嘆:

« 私の意見 毎日新聞 「今どきの歴史」 最後の脱輪 | トップページ | 私の本棚 季刊「邪馬台国」 134号 物部氏と尾張氏の系譜(5) 1/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ