« 今日の躓き石 トップメーカーニコンの格調、デジカメウォッチ報道の粗雑 | トップページ | 倭人伝の散歩道 又々里数論、戸数論 2/3 »

2018年8月27日 (月)

倭人伝の散歩道 又々里数論、戸数論 1/3

                  2018/08/27
*戸数論精読
 倭人伝解釈論で、しばしば国別の戸数が話題になる。つまり、誰もが納得する結論に至っていないということである。と言うことで、更に一説を足すことにする。

 倭人伝記事の戸数は、奴国など各国のように、単に「有二萬餘戸」などとされているのと投馬国のように、「可有五萬餘戸」と「可」を前記されているのと両様である。

 案ずるに、奴国など先進諸国は、戸籍が整って、戸数は一戸単位で算出された確定値だが、倭人伝は概要資料であるから概数表示したと思われる。

 つまり、行程終盤の投馬国で書き方が変わるのは、戸数が推定値とわかるように変えたのだろう。曰く、南至投馬國水行二十日官曰彌彌副曰彌彌那利可五萬餘戶

*里数論再説
 ついでに言うと、そこまでの諸国への里数が、概数とは言え明記されているのは、それぞれ実測され、申告されているということである。申告値が虚偽と判明すれば、叱責どころではない処罰があるから、実測の裏付けをとっているのである。
 
 言うまでもないが、処罰されるのは、先ずは、郡太守、次いで正副使、さらには書記である。三国志の権威は、ここに正確な報告を書く動機がないとうそぶいているが、後世人には「命がけ」の意識がないから、殊更正確な見解を述べる動機がないとの自認・自嘲と見て取れる。

*投馬国論
 ここで、投馬国までの里数が書かれていないのは、遠隔で実測されていないということである。

 無理に、陸行行程の裏付けのない里数を書いても、肝心の水行日数は気象条件に大きく左右されて不確定であるため、たっぷり余裕を見た水行日数を表記したものであろう。

*海路幻想
 東夷伝ではないが、南方の夷蛮の国への行程では、海を行くこと一年程度、但し、天候に恵まれれば四ヵ月で行ける、などと漠然と書かれている例がある。ハワイにでも行ったのだろうか。

 例えば、五世紀初頭、東晋の僧法顕のインド、スリランカからの帰途、大部の仏典を持ち帰るために、往路のパミール山系越え、沙漠縦断を断念し、中国行きの商船に便乗したものの、マラッカ海峡航路で、季節風待ちで数か月待機したとか、中国直前で大変な荒天に遭って難船しかけ、経典の投棄を迫られたとか、船旅の利点と難点は知られていたのである。

 そのような、いつ辿り着くとも知れぬ、先の見えない、命がけの旅と、渡海、つまり川越ならぬ気軽な海越は別物なのである。

 中国にも、その程度の認識は備わっていたので、海を行くことを「海路」などとは言わなかったのである。

                         未完

« 今日の躓き石 トップメーカーニコンの格調、デジカメウォッチ報道の粗雑 | トップページ | 倭人伝の散歩道 又々里数論、戸数論 2/3 »

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝の散歩道 又々里数論、戸数論 1/3:

« 今日の躓き石 トップメーカーニコンの格調、デジカメウォッチ報道の粗雑 | トップページ | 倭人伝の散歩道 又々里数論、戸数論 2/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ