« 今日の躓き石 全固体電池の謎 NHKサイエンスZEROの迷走 R | トップページ | 私の意見 橿考研所長の我田引水講演 2011年 1/2 »

2018年8月16日 (木)

今日の躓き石 サッカー「ハンド」の怪 誤解の累積

                         2018/08/15
 今日の題材は、毎日新聞大阪朝刊第31版スポーツ面の「サッカーマインド」なるコラムであるが、別に、「VARハンド判定に課題」とした内容に文句があるわけではない。日本サッカー協会審判委員長の意見にしては、ちょっと、論理的でないと、僭越にも首を傾げただけである。以下、丁寧にその主旨を説明する。
 
 いや、サッカーは、英語の本家、イングランドの協会の制定したルールで捌かれているのだから、素人の日本人がとやかく言うのは筋違いかも知れないが、素人目には、「ハンド」の解釈がおかしいのではないか。ルール解釈が、なまっているのではないか。
 
 まず大事なのは、イングランドで英語で定義されているルールには、「ハンド」、「手」などとは書いていないはずである。日本協会が「誤訳」して広めているだけである。ぼちぼち、是正すべき時ではないか。
 
 イングランド協会が定めたフットボールの「法」(Law)は、ボールを、故意にハンドリングしてはならない、と言うものである。(素人目には、そのように読める)
 
 ハンドリングの反則を、普通の言葉で言うと、ボールを投げてはならない、少し拡大すると、飛んできたボールを叩いて進行方向を変えてはならない、ボールを掴んで保持してはならない、と言うものではないか。素人目には、そう見える。:むしろ、hands、つまり、両手を要するように思う。大抵は、生きたサッカーボールを片手で取り扱うことなど、できないのではないか。まあ、バスケットボールの名手は、片手でボールを受け止めて、そのままシュートを決める至芸を見せることがあるが、いずれにしろ、「手」で行うものである。
 
 と言うことで、それらの名技は、全て、手(ハンド)で行うものであって、腕(アーム)で行うものではない。素人は、単純にそう思う。
 
 そのように明解に英語で定義されているはずのハンドリングであるのに、長年英語の定義を大きく逸脱して解釈され、先回のワールドカップの判定例で言うと、極端な場合、上腕部にボールが当たって、ボールのコースが変わったのを、ハンドリングと判定している例が多々見られた。それでは、各プレーヤーが腕全体を隠したがるのも無理ないところである。何しろ、VARは、克明であるから、物理的にボールが肩より先の腕に触ったことは、ほぼ確実に確認できる。
 
 しかし、大事なのは、そのような接触で、ブレイヤーが、ボールを「故意にハンドリングしたか」どうかということである。身体を動かしたら、身体の一部である肩から先の「腕」がボールに当たったとしても、上腕部では、ボールをハンドリングできないのである。それは、胸や頭などの部位で、ボールをハンドリングできないのと同様である。
 
 してみると、イングランド協会の解釈を尊重するとして、英語で、「ハンドリング」とはどんな意味か、「故意に」の意義をどう受け止めるべきか、素直に原点に還って見直す必要があるのではないか。
 
 日本のスポーツジャーナリズムが好む用語で言うと、次のようになる。
 「ハンドリング」は、「フィジカル」であり、「故意に」は、「メンタル」である。
 フィジカルは目に見えるが、メンタルは、本来目に見えない。見えないものを、見て判断しろというのだから、そりゃ、無理というものである。メンタルをビジブルにするのが、審判委員に求められる知恵なのではないか。素人は言うだけだから、楽なものである。
 ちなみに、国内で言う「ハンド」の該非は、もっと明解である。「手」がどこまでかは明確であり、大幅に拡大解釈しても、せいぜい肘から先程度ではないか。上腕部が肩に繋がっているから、続く部位は「腕」であって「手」ではないのである。一般人を迷わせる誤訳は罪深いのである。
 
 ちなみに、今回のコラムで疑問なのは、「ハンドに関しては介入しすぎ」などと、誤訳まじりの誤引用をしていることである。まさか、各国関係者は、日本語で論じていたわけではないだろう。イングランド協会の英語ルールの言葉で話していたはずである。また、VARで審判が苦慮していたのは「故意に」の部分ではないかと思う。
 
 以上のように、ことの意義は、VARの介入是非というものではない。VARで厳密に確認して、「故意にハンドリング」していないものは、ハンドリングの反則としてはならないと思うのである。
 
 関係者の皆さん、一度中学生に戻ったつもりで、協会ルールの英語の意味を確認いただきたいものである。
 
以上

« 今日の躓き石 全固体電池の謎 NHKサイエンスZEROの迷走 R | トップページ | 私の意見 橿考研所長の我田引水講演 2011年 1/2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 サッカー「ハンド」の怪 誤解の累積:

« 今日の躓き石 全固体電池の謎 NHKサイエンスZEROの迷走 R | トップページ | 私の意見 橿考研所長の我田引水講演 2011年 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ