« 今日の躓き石 卓球の石川佳純にオンチとの誤解 | トップページ | 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑼ 張明澄 2-2 »

2018年9月 5日 (水)

私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑼ 張明澄 1-2

 季刊邪馬台国第19号 (1984年3月刊) 好評連載第九回
                 2018/09/05       

 私の見立て ★☆☆☆☆  末尾の提言 ★★★★★

 随分昔の記事だが、学問世界に新旧はないので、気づいた時点で批判する。(既報の古田武彦ジャリタレ論の類は例外だが)

*運命動機
 書き出し部分で、張氏一流の提言をいただいている。
「日本古代史の研究において、同地域文献である『日本書紀』と『古事記』は、同時代文献である『魏志』「倭人伝」より大切である。」
 
この冒頭提言「モットー」は、全篇を一貫している。

 たしかに「日本」なる古代国家の研究において、信頼できる文献は、ほぼ、『日本書紀』と『古事記』、(記紀)しかないので、これが重要史料であるという点には、反論は出ないと思う。人によっては、旧事紀も重要だろうが、今、その点は脇に置く。

 日本は、七百一年創唱された国号であり、倭と別だとされているので時代が限定される。つまり、魏志倭人伝(倭人伝)と別時代の史料であり、地域も、同じかどうかわからないのである。

 ということで、張氏の掲げるモットーは、まるで素人の議論のように、はなから外しているのである。残念ながら、同意致しかねる。

*「一中国人」の怪

 そして、張氏の意見が、「一中国人」の見解として打ち出されているのである。

 少なくとも、「一中国人」というのは、現代の一国家、中華人民共和国の平均的住民の意見と解されるが、誰が考えても、一般的な中国人が、記紀を愛読して日本を論じ、倭人伝を論じるとは思えないし、自国史料である倭人伝より日本史料である記紀の方が重要と信じていたとは思えない。

 いや、一日本人である当方が、「大切」の語義を取り違えているかも知れないが、日本語で人が人を大切に思う愛情表現にも使われる感情的な言葉と思うので、混乱するのである。

*記紀偏愛の由来(憶測失礼)
 それは、さておき、氏が記紀に対して愛情を感じている由縁は、末尾の生年、出生地を見ると感じ取れるように思うのである。

 昭和九年台湾にて出生とあるから、氏は、皇国臣民として生まれ、現在の言い方で言うと六年制の小学校を通じて由緒正しい、つまり、教育勅語に従った皇国教育を受けたと思われる。

 つまり、ここに言う「一中国人」は、戦前の日本人と同じ愛国教育を受け、記紀に対する大切な思いを刷り込まれていると見える。(別に強制されたものではないが、自発的ではないと思う)

 昭和二十年、敗戦と共に日本人教育者は台湾を去り、その後は、中国教育を受けたと思われるが、戦後四十年近くなっても、皇国教育が氏の所説の根幹に残ったと見るのは偏見であろうか。

 いや、そのような背景がどうこう言うのではない。日本統治下で生まれ、日本流の小学校教育を受けた中国人が、自らを「一中国人」と称するのは、読者の誤解を招いているのである。
                            未完

« 今日の躓き石 卓球の石川佳純にオンチとの誤解 | トップページ | 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑼ 張明澄 2-2 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

季刊 邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑼ 張明澄 1-2:

« 今日の躓き石 卓球の石川佳純にオンチとの誤解 | トップページ | 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑼ 張明澄 2-2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ