« 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑺ 張明澄 3-3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ欄に不屈のリベンジ »

2018年9月23日 (日)

今日の躓き石 悲惨な虚報スポニチテニス報道の暴走

                            2018/09/23
 今回の題材は、スポニチのネット報道である。ここで取り上げるのは、全国紙にほぼ限定していたが、今回は、余りにひどいので、スポーツニッポンを非難することにした。
 
 ここで非難されてるという事は、全国紙並に扱っているという事であり、批判を受け止める品格があると見なしているので、良い意味で受け止めてほしいものである。
 
 と、観客に向かって「血なまぐさい復讐」(Revenge)を誓ったと報道されている。
 
 これでは、当人の人格を疑われてもしょうが無いことになる。スポーツの世界で、不敗でない限り、出場大会で一度は負けるのだから、負ける度に、その相手に復讐を誓っていたら、誓いを守るのは無理だろう。相手も、大勢負かしているから、一々覚えていられないだろう。
 そんなにくやしかったら、勝てば良いのである。そして、観客に怒りをぶちまけるものではない。
 
 記事では、実際には、『「私の試合を観に来てくれてありがとう。来年頑張って…ありがとうございます」と感謝の言葉を送っていた』のであり、どこにも、負けた相手に対する恨みや怒りは述べていないし、来年は、ぶちのめしてやるなどと不穏なことを言ったのでもない。
 

 ここまではっきり、敵対発言を報道するのなら、当人にRevengeを誓ったのかどうか確認すべきではないか。 それとも、スポーツ新聞は、事実を報道する報道メディアではないというのだろうか。
 

 一方、勝った方は、『初Vのプリスコバ 大坂思いやる「彼女には明るい未来が待っている」』と、見事に美化されている。
 
 スポニチは、「大坂バッシング」しているのだろうか。
 
以上
 

« 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑺ 張明澄 3-3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ欄に不屈のリベンジ »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 悲惨な虚報スポニチテニス報道の暴走:

« 私の本棚 一中国人の見た邪馬台国論争 ⑺ 張明澄 3-3 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞スポーツ欄に不屈のリベンジ »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ