« 倭人伝の散歩道 卑彌呼の正体は「畀彌呼」か | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の恥拡散 河内の「リベンジ」 日生の汚名  »

2018年11月 9日 (金)

今日の躓き石 日テレの暴言日米「同級生」につける薬 MLB来日

                          2018/11/09
 今日は珍しく、民放系の野球中継である。
 
 いや、随分以前から、野球中継のアナウンサーは、大分知恵の回っていないのがいるとは気づいていたが、今回は、来日中のMLB選抜と巨人の試合で、大分いけないのを知らされた。
 
 大体が、「同級生」と言うのは馬鹿そのものの言い損ないだと気づかないで、恥をさらしているのだが、それでは足りないように、MLB選手と日本選手が「同級生」というのには、いや、「つける薬がない」と言わされるのである。
 
 普通の人なら大抵は知っていると思うのだが、日本では、四月が学校の新年度というのに対して、アメリカは九月である。五ヵ月ずれていて、同学年とは言いようがないのであるが、それを、わざわざバチものの「同級生」と言い換えて、恥の上塗りである。一瞬口ごもりそうになったのだが、野球放送だから、言いっぱなしで良いのだと、馬鹿になろうとしたようである。野球ファンも随分嘗められたものである。
 
 今回の場合、単に「同年」と言えばいいのではないか。それくらいの常識はあるのではないか。そもそも、「同学年」というのが新語であって、元々、国内制度では「同年」で通っていたのである。
 
 いや、こんないい加減な言葉遣いで、プロのアナウンサーとして通用するのだから、民放は、この上なく甘い世界なのであろう。こどもたちが、まねしなければ良いのだが、とかく、馬鹿な言葉遣いの方が受けるのである。
 
 因みに、当方が馬鹿話を聞かされたのは、ケーブルテレビで視聴したG+(日テレジータス)である。同社の社内基準で、「とにかく同級生と言え」と業務命令になっていたら、勘違いでアナウンサーを責めているのは申し訳ない。
 
以上

« 倭人伝の散歩道 卑彌呼の正体は「畀彌呼」か | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の恥拡散 河内の「リベンジ」 日生の汚名  »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 倭人伝の散歩道 卑彌呼の正体は「畀彌呼」か | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の恥拡散 河内の「リベンジ」 日生の汚名  »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ