« 倭人伝随想 2 倭人暦 社日で刻む「春秋農暦」 3/3  | トップページ | 倭人伝随想 4 倭人伝の来た道 写本継承の話 1/2 »

2018年11月24日 (土)

今日の躓き石 「リベンジを果たした」が消えない悔恨 NHKアナの浅はかさ

                                    2018/11/24
 本日、NHKGで中継の「多摩川クラシコ」とは、対戦しているサッカーJ1のFC東京と川崎フロンターレの本拠が、東京多摩川を挟んで対峙していることから名付けられたということが、さすがにNHKらしく、丁寧に解説されたが、この点は、最後に触れる。
 
 番組の半ば、前後半のブレイクタイムで、ほぼ拮抗する両チームの過去の対決を回顧しているから、負けたり勝ったりは必然であるが、大逆転で負けた翌年、大差で叩いて借りを返したのは、気分として高揚したのであろう。
 
 そこで、「リベンジを果たした」と禁句がNHKアナの口から飛びだした。NHK中継で、何とも不用意である。ここでは、当世風の軽い意味でなく、血祭りに上げるという蕃風であり、プロ中のプロによる暴言は、とても見過ごせないのである。

 現に、選手は、勝って借りを返して大逆転負けの痛みを解消したというのでなく、いまだに、逆転負けへの悔恨の念があると言うから、報復してチャラにしたと見るのは、野次馬根性以外の何物でも無いようである。
 
 サッカー選手は、一時の勝ち負けの感情、というか、貸し借りの勘定では動いていないのであろう。一流の報道関係者は、もう少し、選手の心情を察するべきである。
 
 それにしても、番組構成で過去の対決を回顧する以上、当然、条件反射でそう言いたくなる展開が予想されているから、そこの所を、成り行きの常套句に流されず、ぐっと、堪忍袋の緒を締めてプロ根性を示して欲しいのである。
 
 因みに、「クラシコ」は、スペイン語由来であり、ラテン系のチーム名が多いJリーグにまことに相応しいのである。「ダービー」などと、イングランド気取りは、そぐわないし、どこでも「ダービー」となると、言う奴の安直さを歎くところである。
 
 以上、「リベンジ」弾劾は別として、クラシコ談義の感心も不満も、素人の咄嗟の思いつきであるから、別に真剣に取り組んで頂かなくても結構である。
 
以上

« 倭人伝随想 2 倭人暦 社日で刻む「春秋農暦」 3/3  | トップページ | 倭人伝随想 4 倭人伝の来た道 写本継承の話 1/2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 倭人伝随想 2 倭人暦 社日で刻む「春秋農暦」 3/3  | トップページ | 倭人伝随想 4 倭人伝の来た道 写本継承の話 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ